qbro : マシカク写真が撮れてエフェクトも非常に豊富なiPhoneカメラアプリ

 マシカクな写真が撮れるアプリはいろいろありますが、今回紹介するアプリは、撮影モードだけでなく、エフェクトのバリエーションがとても豊富なアプリです。マシカクと言えばInstagramを思い出しますが、エフェクトが貧弱な分、私は今回のアプリでエフェクトをかけてアップロードすることが多いです。

 このアプリは1つのアプリでモードが分かれていて、撮影モード、エフェクトをかけるフィルムバッグ、一時的に写真を記憶しておくスタック(Stacks)、今まで撮ったものを取っておくギャラリー(Gallery)があります。1つのアプリで2度おいしいようなアプリながらデザインも非常に凝っています。

サポートサイトは下記になります。
qbro – Facebook

App Storeでは写真カテゴリーにあります。
qbro [iTunes]icon

 起動時は撮影モードで、画面の上側がファインダーになってて下側が設定やシャッターボタンになっています。なお撮影した写真はスタックに入るようになっています。
 画面下メニューの一番左のボタンをタップすると、この画面のように、全画面シャッター(BigButton)、3秒前からカウントダウンされるタイマー撮影(Timer)、フロントカメラに切り替わるのかわかりませんが今は動かない切替ボタン(Front Reverse)、ファインダーにグリッドラインを表示(GridLines)がサブメニューとして表示できます。Settingsは設定、qbro Studioは先に述べたスタックやギャラリー、フィルムバッグなどを含んだ写真管理モードに移行できます。画面下に小さくサムネイルが表示されている所はタップするとスタック画面に切り替わります。

 設定(Settings)では、解像度の設定や位置情報の記録、自動保存のON/OFF、あとSNS関連への投稿設定になります。

 次はqbro Studio画面になります。最初はいろんな説明が表示されて分かりやすくなっています。なおこの表示は消すこともできます。このqbroの一番の売りと言った方が良いかもしれません。画面上には、qbroで撮影したものや他の写真アプリで撮った写真を取り込むことができるスタック、完成品があるギャラリー、スタックからギャラリーに保存、SNSに投稿する共有があります。
 画面下には加えるエフェクトが表示されていますが、ここでは面白い方法でエフェクトを増やしていきます。それがフィルムかばんを開くと書かれている部分でここをタップすると、いろんなエフェクトが表示されます。それを自分の好きなエフェクトだけ選んで、下のエフェクトメニューに追加していく形になります。
 エフェクトは非常に多いので自分の好きなを選んで下のメニューにスワイプするとエフェクトが呼び出せるようになっています。ここでは青が囲まれているものはすでに使えるエフェクトです。削除したい場合は、逆に下のエフェクトから上にスワイプしてあげると使えないようにできます。中に王冠のマークのあるエフェクトはアプリ内課金のものになっています。

 この画面の時に画面右上のSマークをタップすると背景を変えることができるようになっています。懲りすぎ。

 ここまでで、もしかしてこのエフェクトをかけたら終わりと思っている人がいるかもしれませんが、ここからまたさらに機能があります。
 単にエフェクトを選択して、写真に付加するだけでなく、qbro Studioの中では、画面の上にスライダーのマークのアイコンがあるのでタップすると、写真の下に枠のアイコンと、スライダーが表示されます。枠のアイコンをタップすると、全12種類のフレームから好きなものを選択できます。
 そしてスライダーは、選んだエフェクトのかけ具合をスライダーを移動して調整することができます。ここは正直すごいと思いました。反映はリアルタイムで行われます。ここでエフェクトをかけた後に保存(Save)を実行するとギャラリーに保存されます。

 一方、スタック(Stacks)の方ですが、スタック画面では撮った写真だけでなく、写真を写真アルバムから取り込む機能もあるので、撮影は異なるアプリで行って最後の加工はこのアプリで行うというようなこともできますし、逆にqbroで撮影したものをカメラロールに保存して他のアプリで加工することもできます。ちなみにqbroで撮った写真の最大サイズは1936×1936です。
 画面下にあるメニューでは、左からギャラリーに移行するアイコン、Load a photoでは写真アルバムからの写真の取り込み、そして設定となっています。
 なお、ここで写真を選択すると、写真1枚だけの画面になり、そこからqbro Studioへ移動、写真の回転、削除などが可能です。

 ギャラリーはスタックからqbro Studioで保存した写真がここに入ります。表示は普通の写真アルバムのような表示ではなく、ちょっと凝った表示です。
 ここでは加えたエフェクトごとに写真が表示されています。そしてその写真をタップするとその撮影日が表示された画面になりカメラロールへの保存などもここからできるようになります。消さない限り何度でも保存できるのも便利です。

 マシカクということもあり、Instagramなどに使ってみるのはいかがでしょうか。私自身、初めて使ってみた時の写真がこれなのですが、FlickrのExplore入りしてちょっと驚きました。

cherry tree

 出力されるサイズも大きく、マシカク写真のみという欠点はありますが、マシカク写真が好きな方には重宝するアプリだと思います。ただ難点と言えば、機能を詰め込みすぎたせいもあり、モード移行が慣れるまでは難しいかもしれません。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る