iPhone / iPod touch / iPadのOSをアップデートする方法

 iPhone / iPod touch / iPadのOS(iOS)は、時々アップデート版が公開されます。Mac/PCに接続すると、iTunesが起動してデータの同期が始まる方がほとんどだと思いますが、今回はiPhone / iPod touch / iPadのOS(iOS)のアップデート方法を書きたいと思います。
 ここではiOS4.3.2からiOS4.3.3へのアップデートですが、基本的な操作は同じです。時間はかかりますが、非常に簡単なので、最初にショップなどでアクティベートして以降、同期と言えば音楽を入れるだけという方は他の部分を見てみてはいかがでしょうか。ここでは、OSはWindows 7で行っています。

【手順1】 まずiPhone / iPod touch / iPadをケーブルでMac/PCに接続する。
 接続するとiTunesが起動してすぐに同期・バックアップが実行される方がほとんどかもしれません。ここでの注意点としては、一度アップデートの作業を開始すると終わるまではケーブルを抜くことはしないで下さい。
 接続するとiTunesの左側にあるリストの中に「デバイス」というメニューが表示され、その中に自分で名前を付けたデバイス名(ここではMy iPhone4)が表示されます。iPod touch / iPadやiPodでも同様に表示されます。その右側には充電中のマークと同期中のマークがアイコンで表示されます。

 ここで少し脱線しますが、iPhone / iPod touch / iPadをMac/PCに接続するとすぐにiTunesが起動し同期が始まってしまうのが嫌な方(充電だけでよい方等)がいらっしゃるかもしれません。その時はデバイスを選択して、最初に表示される画面(概要)の中の一番下にある「オプション」の中にある「このiPhoneの接続時にiTunesを開く」(ここではiPhoneになっています)のチェックを外しておくと次回からデバイスを接続してもiTunesが起動せずに済みます。

 もう一つ脱線するとiPhoneの場合は、この概要のページにある一番上のiPhoneのところで表示されているソフトウェアバージョンとシリアル番号と電話番号の文字の部分をクリックするとソフトウェアバージョンではビルドバージョン、シリアル番号の所はクリックすると識別子(UDID)、電話番号の所はクリックするとIMEI,ICCIDとクリックするたびに表示が変わります。更に、ここの部分は文字の選択なしにコピーコマンド(Windowsの場合だとCtrl+Cでコピー)だけでテキスト文字列として他のソフトウェアに貼り付けもできます。

【手順2】 「更新の確認」ボタンを押す。
 しばらく更新していないと、自動で更新情報がポップアップで表示されますが、自分で確認したい場合は、同じく概要のページの中にあるバージョンのところを見ます。その中に「更新を確認」というボタンがあるのでここをクリックします。更新が無い場合は、今のバージョンが最新ですとポップアップで表示されます。
 更新情報がある場合は、バージョンの表示と共にアップデートを行うかどうかのポップアップが表示されます。

 「更新の確認」ボタンをクリックするとポップアップで更新情報がある場合、左図のようなポップアップが表示されます。(ここでは最新バージョンが4.3.3)iPhone / iPod touch / iPadに入っているOSのバージョンが最新のバージョンだった場合には、この表示は行われません。そして更新作業に入りますが、時間のある時に行ってください。時間がなくて更新作業をやってる途中でケーブルを抜くと正しく終わらない場合があり、最悪初期化して復元など余計に時間がかかってしまいますので注意してください。
 ここでは、「ダウンロードして更新」を実行します。
 Tipsですが、iPhone / iPod touch / iPadを比較的高い頻度で(毎日くらいの頻度)バックアップしておくと、アップデート時間の短縮につながります。 それは、アップデートの際に必ずバックアップが作成されます。そのため高い頻度でバックアップしている方は、アップデートの際にバックアップする時間が短縮され、アップデートもスムーズに進行します。個人的にはバックアップは万が一、デバイスを水没させてしまったとか起動しなくなったとかの場合、Apple Storeに持って行って、最悪有料交換になってしまい初期化された状態になって返ってくることがありますが、その時に使っていた直近の状態に戻す(復元する)ためにもバックアップは定期的に行っていた方が良いです。

【手順3】 「次へ」ボタンを押して更新されるまで待つ。
 「ダウンロードして更新」ボタンをクリックすると重要な情報が表示されます。気になる方は見ておくとよいかもしれません。ここで、特に気になる更新情報が無いし、使っているアプリが動かなくなるかもしれないという事でアップデートやめておくという手もありますが、特に気にするものでなければ、できるだけ最新のOS(iOS)にしておいた方が良いと思います。アプリが動かないかもしれないからアップデートしないという方は、アプリ自体更新情報が出てくると思うので、その情報を待ってから最新のOS(iOS)にアップデートするという方法もあります。しかし、大抵、アプリが動かなくなる情報はApp Storeのアプリごとのレビューを見るとわかることが多いと思いますので、そこを見て何もなければOS(iOS)のアップデートをした方が良いです。

 あとは「次へ」を押していくと、自動でOS(iOS)のアップデート情報をダウンロードし、更新されていきます。この時の注意としては絶対にケーブルを抜いてしまわないことです。
 この間、WindowsだとUSBの接続が切れたり、接続されたりしますが、そこも気にしなくて良いです。
 この時、デバイスの方のiPhone / iPod touch / iPadでも更新の進捗具合を表示するバーが表示されます。この時に更新が失敗してしまうこともあるようですが、その時もケーブルを抜いたりせず手順1からやっていくことをお勧めします。手順1から行っても再度失敗してしまうようであれば、初期化→復元を行ってから再度手順1から行う。どうしてもダメならまずAppleサポートで情報を検索し、それでもダメならApple Storeに電話で聞いてみるという手もあります。
アップル – サポート

【手順4】 同期が終わると完了
 iTunesで表示されている同期が完了するとアップデートが完了です。iPhoneでは、起動時の画面から元に戻るまでは同期中なので、決してケーブルは抜かないようにしてください。
 iTunesの一番上のメッセージ「iPhone / iPod touch / iPadの同期が完了しました。コンピューターから取り外せます。」というメッセージが表示されたらアップデート終了です。
 ここ最近ではバックアップを含めて(毎日バックアップ取っています)1時間以内で終わることが多いです。

 無事アップデートできたかどうかの確認ですが、iPhoneであれば、iPhoneのメニューから「設定」→「一般」→「情報」で表示されるバージョンを確認すればわかります。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る