LINEで送る
Pocket

 iTunesのデータをMac mini(まだ未使用)に引っ越しするため、少しスマートに使わないアプリなどパソコンから削除しようと試みた時に、ふと今までどのくらいiPhoneアプリにお金をかけたか怖いもの見たさもあり、チェックしてみました。

 使用したソフトは、ipaBacklistというソフトで、Windows版とMac版がありますが、今回使用したのはWindows版の方です。
ipaBacklist

 実際に、このipaBacklistを動作させても入っているアプリが多いためか動作がもっさりしていて、よく応答なしになってしまいます。Macで動作させても同じようなことが起きないためにも、ここは掃除する必要があるなと思いました。

 それで掃除前に、iPhone 3Gが2008年7月11日に出てからiPhone 4を使っている今までダウンロードしたアプリの数と金額をここに紹介します。(ただ過去に一度アプリ名にLITEと付くものやFREEと付くものは削除したことがあります。)

 アプリに使った総額は、2008年7月11日から2011年5月12日までの約3年で、ダウンロードしたアプリは2000個ほどでうち600個ほど有料アプリで、使ったお金は14万6765円也。これが高いとみるか安いと見るかは別にして、普通に今ならMacBook Airあたり買えてる値段ですね。後悔してるかと言えばしてませんが、買ってすぐ使えないアプリだったとか無駄な部分があるところがレビューをやる人の悲しい運命でもあるわけですね。

 この結果を踏まえて、もうちょっと今使っているアプリのレビューをやろうかなと思うわけで、説明が面倒なアプリのレビューなどは正直やりたくないと避けてましたが(笑)頑張ろうと思いました。
 ということで今後の展開として、今実際に使っているアプリ(3年間私のiPhoneの中で生き残っているアプリ)の紹介やホーム画面、あとはカメラアプリどくらい入れてるの?とかそういったものを総集編みたいな感じで小出しに紹介できればなと思っています。(いつになるかわかりませんがネタ帳に書き込んでおきます)
 これで一応パソコンの中の不要なアプリ群の削除作業に入れます。

 ついでなので少し前にメールでいただいた回答を、ブログはiPhoneで書いたりするんですかという質問を受けたことがあるのですが、1度だけやったことはありますが、抵抗感がありました。このブログに関しては絶対にパソコンで、他のデバイスでやることは絶対にやりません。というのもiPhoneでやると目が悪くなりそうですし、リアルタイムの事を書くわけでもないので、きちっと分けた使い方をした方が良い気がします。ただ書くネタはiPhoneのToDoに入れていることが多いです。本職の仕事は、基本は紙の手帳(モレスキン)で、通勤時のメモとしてiPhoneを時々使いますが、最終的には手帳に移して、きっちり分けてます。なかなか使い分けというのは難しいかもしれませんが、一度ルールを作って徹底すると以外とすぐ慣れてくれます。

 iTunes Store(Japan)