LINEで送る
Pocket

 テレビの走査線のようなエフェクトをかけれるアプリは、以前、CinemaFXというアプリができるというのをレビューしたことがありますが、今回紹介するアプリは、そのエフェクトプラス多重露光なようにいろんな写真を掛け合わせることもきるアプリです。
映画のような効果を出すiPhoneアプリ CinemaFX

 単に写真に横線を等間隔で入れていくアプリなのですが、目の錯覚を起こすような写真もできたりするので、やってみると意外と楽しかったりします。また面白い要素はあるのですが、それは以下のスクリーンショットを見てもらえればと思います。

サポートサイトは下記になります。
Interlacer
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Interlacer [iTunes]icon

 起動すると真っ新の画面が表示されますが、ここから写真を取り込んだりしていきます。画面の上部右端の歯車アイコンは設定です。画面下部に並んでいるの操作に関するメニューになります。おおよそ見て分かるようなアイコンになっています。
 最初に始めるには、画面下部の一番左にある+マークをタップすると、メニューが切り替わり、カメラを起動するか、写真アルバムから選ぶか、色を選ぶかを選択できるようになっています。単に写真だけでなく、色も組み合わせることができるのが面白いところです。
 +マークの横にあるアイコンは走査線の間隔や写真のズレを指定できる所です。これは後で説明します。その次のフロッピーディスクのアイコンは保存です。フルサイズの保存もできるのが私個人的には他の用途でも使えるので気に入っています。なお追加された写真や色などは、画面の灰色で表示されているライン上に表示されていきます。数が多くなった場合は、横にスライドさせることができます。
 画面右上の設定では、写真を撮る時に1番目の写真を重ねて表示する指定(Photo Overlay)、写真を撮影した時に元の写真の保存指定、結果の自動保存のON/OFF設定があります。

 上の設定で、Photo OverlayをONにした時に、カメラを起動すると、左のように薄く1枚目の写真を表示してくれながら写真を撮ることができます。
 こういう撮り方をして、写真を合わせてみると比較的簡単に合わせて撮れて面白いと思います。

 ここで写真の重ね合わせ以外に色の三原色などを入れても面白いと思います。写真を縮小してしまうとつぶれたり模様が出たりしますが、私自身はいろんな色を組み合わせて、写真を作るのもハマってしまいました。
 それと、走査線の間隔と写真のズレを指定できるので、そこを変えるとホログラムのような感じもできてしまいます。見ていて結構面白いです。

以下の写真は、他のアプリとの組み合わせです。左の方はモノクロで、写真をズラしています。右の方は、テレビを意識してqbroのフレームを使ってみました。

 このアプリ単体だけでなく、他のアプリとも組み合わせて使うと面白そうなアプリです。しかもフルサイズで保存できるので、印刷したり、加工したりといろいろ楽しめるアプリだと思います。