LINEで送る
Pocket

 iPhoneのアプリで複数の写真を1枚の写真に並べる(コラージュ)アプリはいろいろありますが、今回紹介するアプリは、その逆で、1枚の写真を複数の写真に分けて、1枚の写真にしてくれるアプリです。
 アプリ自体は無料なのですが、広告が表示されます。といってもあまり目立たないところだけなので、無料のまま使っていても違和感はありません。もし気に入ったらアプリ内から115円支払うと広告が消えます。ただ使っていて起きるバグがあるので私はしばらく無料のまま使うつもりです。

サポートサイトは下記になります。
Cool Photo Collage Support
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Cool Photo Collage [iTunes]icon

 アプリ自体は、できあがるものは写真に寄っては面白いものが出来上がったりします。複数に分割してくれるのですが、ランダムで分けてくれるわけではなく、パラメータを自分で調整することで、向きや、写真の重ね具合など変更できます。
 起動すると最初にメニューボタンの操作が表示されます。カメラマークのアイコンは写真アルバムからの写真の取り込み(カメラは起動しません)、ディスプレイマークのアイコンはプレビュー、フォルダの中に上矢印のマークのアイコンはカメラロールへの保存、メールアイコンは出来上がった写真を添付してメールすることができます。あとは、プレビューの際、画面をタップするとメニューが隠れたり、画面を縮小・拡大することができます。
 設定は、画面右下の i マークのアイコンをタップすると設定画面が表示されます。

 それでは写真を取り込んでみます。最初はデフォルトの設定のまま取り込んでプレビューを実行してみます。1×1から10×10まで分割ができるようになっていて、デフォルトは3×3になっています。ただ、プレビューとメールと保存の時には分割する枚数が多いとそれだけ時間がかかるようになっています。たとえば3×3の場合は、1,2,3・・・8,9まで処理が続きます。これをプレビュー時、メール時、保存時、に毎回行われるんでここらへん、プレビューしたものをすぐ保存したりメールしたりできるように調整してほしいところです。
 そして使っているうちに中の写真が崩れるバグが出ていて、いろんなパターンを検証していたのですが、先に言うと、このアプリでは縦長の写真を取り込んだ時に、中の写真が崩れてしまいます。真四角か横長の写真であれば問題ありません。これを確認するのに相当時間かかりました。面白いアプリなだけに残念です。

 設定としては、3つの設定できる項目があります。
 Sizeは、分割するサイズ(1×1?10×10)の指定と出力されるサイズを自動にするか、元の写真と同じサイズ(オリジナルサイズ)にするかの指定ができます。オリジナルサイズが使えるとプリントしても面白いなと思います。
 Adjustmentsは、2つの設定があり、一つのSegment Overlapは分割する写真の重ね合わせの指定です。値を大きくすればそれだけ写真との間が密になります。小さくすると写真同士の間隔が空きます。もう一つのMax. Segment Rotationは写真の傾きです。大きくすると写真がそれだけ傾きます。なので、この二つの値を最小にすると、元の写真に分割された分だけの縁が付くだけの写真になります。
 Effectsは中の写真に対してエフェクトをかけることができます。エフェクトの種類は全部で6種類で、Emboss, Sephia Tine, Stylize, Blue Tint, Sketch, Traceから選択できます。(エフェクト無しも指定できます。)

 設定だけでは面白くないので、ここで上の調整した写真を並べてみます。同じ写真ですが、パラメータを調整するとおもしろいと思います。ただ残念なのは縦長の写真がバグってしまうところで、真四角の写真でも正確に真四角でないと中の写真が崩れてしまうことがあります。

Mac ソフトのことなら act2.com