LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリは、写真に文字を入れてクールなイラスト風写真に仕上げるiPhoneアプリです。ただ単に写真に文字を入れるだけであれば、他のアプリでもできますが、今回紹介するアプリは一味も二味も違います。出来上がりも満足できるものだと私は思っています。
 写真にただ単にランダムで文字を入れていくと、文字の後ろに被写体が隠れて見えないなどありますが、このアプリでは自動で色を判別して文字を置いていきます。これがなかなか気に入っています。

サポートサイトは下記になります。
WordFoto – bitCycle
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
WordFoto [iTunes]icon

  
 アプリ自体は、一度開くと以前の状態を保持してくれますので、再度開いても以前編集していた写真で編集の続きが行えるようになっています。
 画面のメニューは上下にあり、上側は主に写真の操作で、下は写真にエフェクトを与える操作になります。
 画面上側、左からカメラを起動して取り込み、写真アルバムからの取り込み、保存及びFacebookやメールでの送信、i マークは情報表示になります。画面下側は写真へのエフェクトの操作で、左から写真の比率変更と切取、写真に入れる文字の入力、あらかじめ決まっているスタイルや自分で作ることができるカスタムスタイルの選択、チューニングになります。
 良い所としては、切取で比率変更などをしない限りはオリジナルのサイズのままで保存することができます。出来上がったものが小さくなっているということはありません。

 
 これは下側メニューのCROPで、中には元の写真が表示されています。この写真のサイズを自由に(Free)で切り取ったり、1:1、4:3、16:9の比率で切り取ることもできます。サイズの変更は四隅の部分をスワイプすれば大きさを変えることができます。ここでうれしいのは、一度切り取っても、後からCROPを開くと元の写真が残っているので、そこからまた切り取り直すことが可能になっているところです。


 下側メニューのWORDSでは、写真の中に入れ込む文字を指定できます。文字は、すでにデフォルトで何種類かありますが、自分で作成することもできます。自分で作成する場合は、一番上の「Add new Word Set」を選択すると画面が文字列作成画面に切り替わります。
 文字列を作る場合は、下の画面で、単語毎に入力します。スペースを入れると行が追加されていきます。サイコロのアイコンはタップするとランダムで単語が出てきます。こうして作った文字列は選択すると、写真に即反映されて見ることができます。
 文字列を削除したい場合は、最初の画面で、左上にあるEditボタンをタップすると削除マークが出ますのでそこから削除できます。また同じ操作で中の文章も修正できます。

 
 下側メニューのSTYLEでは、写真の色合いやフォントなどの変更が可能です。プリセットで8種類が用意されていますが、カスタムを選ぶと自分で色の調整やフォントの指定が細かくできます。それをカスタムスタイルとして登録しておけばいつでも呼び出すことが可能です。
 選択要素が多く、自分だけのスタイルが作れるのは良いですね。そしてその変更がすぐ写真側に反映されるのもわかりやすくて良いと思います。

 
 もう一つのFINETUNEでは、更に細かいチューニングができます。実際の効果は変更しながらそのまま確認ができます。
 実際に見ると写真というよりもイラストのように変わってしまいますが、このイラストと写真さらに多重露光できるアプリなどを使うと自然な写真で文字が残るようにすることも可能です。しかしながらイラストとしても非常に見ていて面白いと思います。
 日本語も文字列として指定できますが、ちょっとかっこわるくなります。ここで使う文字列は英語の方が良いと思います。