LINEで送る
Pocket

 iPhone4からHDR撮影が写真の方でサポートされるようになりましたが、今回紹介するアプリは動画をHDR撮影できるアプリです。
 半信半疑で購入しましたが、悪天候にも関わらずそこそこ分かりやすい感じで動画が撮れたので紹介します。

 HDR撮影というとアプリでは2枚?3枚写真を撮って合成するような形のアプリが多いので、少し面倒と思われるかもしれませんが、このアプリは調整はありますが、ただ撮るだけです。いたってシンプル。

サポートサイトは下記になります。
● Wave UI | Support
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Flare [iTunes]icon

 またサイト自体も今作られているようです。
getflare.com

 アプリ自体の操作は通常のムービーを撮るのと同じ操作です。アプリを起動するとわかりますが、露出用のマークが画面上に表示され、写っている所をタップすることで露出の位置を調整することができます。
 iPhone 4ではカメラの切替やフラッシュが使えます。動作するのはiPhoneでは3GSと4、iPod touchは最新のもの、iPad 2でiOS4.1以上で動作するようです。
 画面のメニューは下側に付いており、ここではiPhoneを縦にしてスクリーンショットを撮っていますが、横にした時にもメニューは横向きに追従します。画面左のサムネイルはすでに撮った動画を保存しておく画面への移動、真ん中のRECは録画の開始と停止、右側にあるスライドのようなスイッチは、HDR撮影の調整スイッチが表示されるようになっています。ただ撮るだけであれば真ん中のRECボタンを押して開始し、終わったらまたRECボタンを押して停止します。そうするとサムネイルの所の画面が更新され、新しいものが録画されたことがわかるようになっています。

 右側にあるスライドボタンを右から左にスライドさせるとメニューが新しく表示されます。(写っているファインダー部分を上にスライドさせても同じ操作ができます。)ここではHDRの調整が可能で、新しく表示された部分を左右にスライドさせることで3種類のHDR撮影が選択できます。最初は違いがわかるんだけど何が良いのかわからないと思います。実際に撮りながら、ここをスライドさせるとリアルタイムで反映されるので、試し撮りの時に確認すれば良いと思います。横にスライドバーがありますが、そこを調整することで強弱が変えられるようになっています。

 そして、このサブメニューと表示している時にHDR-850、SVM-910、SFT-734の部分をタップすると、裏返しになり、詳細が小さい文字でダイナミックレンジや彩度やムードが表示されます。
 ここではファインダーを上にスライドさせて見やすくしていますが、これもiPhoneを縦にしても横にしても見ることができますし、実際に撮影しながらでも確認することができます。

 そしてもう一つ調整するところとして、ファインダーをタップすると露出が調整できると書きましたが、更にホワイトバランスをロックし、露出とフォーカスの位置を変えることもできます。
 その操作自体は言葉での説明は難しいかもしれませんが、最初にファインダー内をタップすると四角いマークが表示されます。そこで□の部分を再度指でスワイプ(スライド)すると□と◇に分かれます。□がフォーカスで、◇が露出になります。その時に画面左下に鍵マークのアイコンが表示されていますが、そこをタップすると鍵をかけた表示になると思います。そこがホワイトバランスのロックになります。
 調整を自分でやりたい方はこの操作を覚えておくとよいと思いますが、デフォルトのままでも結構HDRっぽい撮影が可能です。

 このアプリでは、動画を撮影してもすぐにカメラロールに保存されません。カメラロールに保存したい場合は、最初に説明したメニューのサムネイルが表示しているところをタップして、保存する必要があります。
 ここではカメラロールへの保存以外にはYouTubeやFlickr、Twitter、Facebook、Tumblr、(メニューには無いですがVimeo Plus)への投稿が可能になっています。メニューの中にあるMore…は投稿アカウントの設定のリセットやVimeo Plusへの投稿やEmailでの投稿もできるようになっています。

 実際にベランダから撮ってみた動画です。あんまり良い天気では無いので明暗の差を出すのは難しいところですが、設定を切り替えながら撮っていますので通常とHDRの差がわかると思います。

 そしてこちらは検索で見つけたすでにYouTubeに上がっていた動画で、こちらは天気の良さそうな時に撮っているようですが、対象が動物なので、ちょっと怖い感じがします。