Matrix Code Camera 3D + Clock + more! : マトリックスの世界へ誘うiPhoneカメラアプリ 時計のおまけ付

 私にとって映画「マトリックス」は、かなり見ている映画で、DVDも買っていながら他のものもいろいろと買っていたりするのですが、その中でも気に入っているのがPC用のスクリーンセーバーで、そのスクリーンセーバーを出している所からiPhone用のマトリックスのカメラアプリが出ました。メインはカメラなのですが、おまけとしてスクリーンセーバーにもあった時計機能も付いているちょっと変わったアプリです。しかしながらコードが上から流れてくるのは印象的です。
 カメラに3Dと付いているのは後々の説明で記述します。またこのアプリはiOS 4.0以上のiPhone/iPod touch/iPadで動作するユニバーサルアプリになっています。

サポートサイトは下記になります。
www.UselessiPhoneStuff.com – 3D Useless Creations for your iPhone and iPod Touch!
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Matrix Code Camera 3D + Clock + more! [iTunes]icon

 アプリを起動すると、3つのメニューが表示されます。上から、iPhoneのカメラを利用してマトリックスのコードが流れるcamera code、次は写真アルバムから写真を取り込みマトリックスのコードが流れるphoto code、一番下はおまけの時計が表示できるjust codeになります。
 選択するとそのコードで動作をします。操作は単純なので覚えれば問題ないですが、最初は見にくいと感じると思います。
 アプリ名に3Dと付いているのは、まず各コードで画面上をスワイプするとグリグリ3Dで動きます。指を離したり、写真を撮る時には元の位置に戻るようになっています。また各コードが流れている時に2D/3Dモードの切替があり、切り替えることでより3Dの時は影が付いて浮かんで見えるような感じなっています。

 最初に写真を撮ることができるcamera codeを試してみます。このアプリの良いところは、その都度メニューの意味が英語で表示されるところです。ただ色が色だけに見にくいところが出てきます。
 画面のメニューですが、下側にそのコード(camera code)のメニューが表示されます。画面上には流れるコードの調整ができるメニューになっています。上側のメニューは普段は隠れていて、画面左上(Mマーク)をタップすることで上側のメニューが表示されるようになっています。
 camera codeでは、カメラの切替(イン・アウト)、フラッシュの有無、写真の停止、保存・Facebookへの投稿、ヘルプとなっています。面白いのは、撮りながら、ここってところで停止を押すとその状態で画面が固定されながらもマトリックスのコードは上から流れていくという動作になっているので、スクリーンショットを撮る時でも手を出して、一旦停止状態にしてスクリーンショットを撮るような写真が撮れます(下の手が出ている写真のように)。

 画面上のメニューでは、どのコードでもほぼ同じですが、流れるコードをカラーにしたり、コードの文字や流れる量を調整したり、2D/3Dに変更したりするメニューがあります。基本的に上側の一番右にあるアイコンが最初の画面に戻るアイコンになります。

 photo codeでは、画面上のメニューの左側にある Select Imageをタップすることで写真アルバムから写真を選択することができます。基本的な操作はcamera codeと同じですが、画面下のメニューには保存・Facebookへ投稿とヘルプしか表示されません。ちなみに保存される写真のサイズですが、960×640が最大のようです。ここは少し残念なところですが、カメラ自体の精度はここでは関係ないように思います。

 最後は、just codeですが、これはカメラの機能ではなく、時計です。時計を非表示にしてマトリックスのコードだけ流すこともできます。置時計として、iPhoneを充電しながら使ってみるのもクールかもしれません。縦表示では秒まで表示されませんが、横表示にすると秒まで表示してくれます。
 時計と表示している時していない時に関わらず、ずっとそのままにしておくと、マトリックスのコードが流れながら、まさに3Dというような動きを見せてくれますし、PCのスクリーンセーバーと同じ動きをするので正直うれしいです。ここでは色を変えたりしていますが、自分の好みの色にも調整できます。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る