LINEで送る
Pocket

 ちょっと前にiPhoneのケースを新調したのですが、そのケースが、BLADEというケース(というかバンパー)です。一目見て気に入って、ちょっと他のケースよりも高価だったんですがポチってしまいました。

 一度iPhone 4を落として液晶を割ってからというもの、ストラップ穴付きのものが自分には必要だと思っていたところで、このBLADEジュラルミン バンパーケースは、ちゃんとストラップ穴もあります。あと見た目金属っぽいから重いと思われたのですが、実際に持つと軽い(24グラム)です。

 いろんな角度から写真を撮ってみました。私の場合、コンバージョンレンズ(マクロ・ワイド・魚眼)を付けるので、カメラのところには、アタッチメントが付いています。

釣り具の名品であるタイガーデザインの作品。航空機や自動車部品に使用されている強度の高いジュラルミンの精密削りだし。表面処理はハードアルマイトを施し、硬質の皮膜を形成したためさらに衝撃・キズへの耐性、軽さ、そして格好良いデザインでiPhone4ケースの軽量/高剛性を可能にしました。すべての操作がスムーズに行えるように徹底的工夫されたデザイン。

  あと特徴的なところと言えば、ボタン。スリープボタン、音量ボタンは丸いボタンになります。これが意外と押しやすいです。ミュートボタンは奥に引っ込んでしまうので切替は爪で行う必要がありますが、そんなに苦にはなりません。
 液晶側には、厚みのあるフチなどが無いので、液晶側を下にしておくと、液晶が接地しますが、保護シートは貼りやすいです。

 バックベゼルの色の組み合わせも含めて、全部で11種類あります。この写真に写っているものは、チタニウムシルバーとレッド(TitaniumSilver / Red )の組み合わせです。別途バックベゼルは別売りで買うことができます。
 iPhoneの収納方法ですが、ネジが付いている方からネジを外してiPhoneを入れます。その時に丸いボタンを各部にセットしてiPhone 4を入れバックベゼルを付けてネジを4か所締めれば終わりです。もし、ストラップを付けるんであれば、iPhone 4を入れる前にストラップを通しておくとよいと思います。

 USBのドックコネクタですが、iPhoneに付いてくるものでは大丈夫ですが、コネクタ部分が太いものは入らない可能性があります。それといやフォン端子については、標準のイヤフォンでもよく奥まで差す必要があります。私はBluetoothタイプのものを使うつもりです。

 ストラップですが、ポケットリングを使っています。これは前から購入していたところ、黒赤で偶然マッチしてしまいました。丸いので指に通しやすく気に入っています。

 あとは雰囲気を変えてバックベゼルを変えるという手もありますが、なかなか高いんですよね。そこがネックです。

 製品説明の動画もYouTubeにあります。