LINEで送る
Pocket

 アプリのアイコンに惹かれてこのアプリを購入しましたが、正解でした。アプリのアイコンのクオリティが高いと良アプリの可能性は高いなと感じるところです。このアプリは写真加工アプリで、エフェクトをかけるだけでなく、微調整しながら作ったエフェクトを自分のエフェクトとして追加することができます。
 このアプリ自体の操作としては、ヘルプにも書かれていますが、小さい範囲で単にタップやピンチイン・ピンチアウトだけでなく、長押しの操作でいろいろできるところがあるのが特徴的です。iPhone本体を振ることでランダムにエフェクトがかかり、そのエフェクトが気に入れば登録しておくことも可能です。なおこのアプリはiPhone/iPad両方で動作するユニバーサルアプリになっています。

サポートサイトは下記になります。
East Coast Pixels
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
PhotoToaster [iTunes]icon


 最初は、画面右上の家のアイコンをタップし、写真を取り込みます。写真はカメラを起動することもできますし、写真アルバムからやクリップボードからの取り込みも可能です。変わったところでは、Facebookの自分のウォールにある写真まで取り込むことができます。この家のアイコンでは、その他にサポートやFacebookのファンページも見ることができます。
 家のアイコンから写真を取り込むとエディットモードになります。画面下にあるものがエディット操作で使うエフェクトのメニューになります。画面上には、左から保存や投稿、トリミング、エフェクト操作の取り消しとやり直し、ヘルプがあります。
 他の操作としては、iPhoneを振るとランダムにエフェクトが写真にかかります。振っていくとどんどん違うエフェクトのかかった写真が出てきますが、これも、画面上の取り消し、やり直しで前の状態に戻したりすることが可能になっています。
 そしてエフェクトをかけた写真の部分を指で長押しすると、元の写真を表示してくれます。指を離すとエフェクトのかかった写真に戻ります。単に写真の部分をタップだけするとメニューが隠れて写真だけを見ることができます。


 画面下の一番左にあるグローバルプリセットは、最初から入っているエフェクト集のようなもので、Basic、Deluxe、Supreme、My Presets、一番左のところをタップすると切り替えることができます。My Presetsは自分がかけたエフェクトを追加できるようになっています。またここで画面下に表示されているサムネイルは横にスライドすること切り替えることができ、多くのエフェクトがあることが分かります。
 My Presetsでは自分がエフェクトをかけていたものをプリセットとして登録することができます。My Presetsを表示して、Newというアイコンをタップすると名前を入力する画面になるので、そこで名前を登録したら自分だけのエフェクトがいつでも呼び出せるようになります。またエフェクトが気に入らない場合の削除としては自分の作ったエフェクトの所を長押しすることで削除やカット&ペーストすることができます。

 次は画面下メニューの左から2番目のLightingです。これも操作としてはグローバルプリセットと同じですが、サムネイルから選ぶだけではなく、サムネイルの上にある丸いアイコンをタップすることで微調整ができます。その微調整にもページがあり、横にスライドさせることで隠れているパラメータを表示できます。

 次は画面下メニューの左から3番目のEffectsです。グローバルプリセットは画面下メニューの全体的なエフェクトですがここではその中のエフェクトだけになります。この操作は上のLightingと同じ操作で微調整もあります。

 次は画面下メニュー右から2番目のVignette(周辺減光)です。操作は上のLighting,Effectsと同じです。周辺減光だけでも微調整で6種類も調整箇所があります。

 そして最後の画面下メニュー右から1番目のBoardersは、写真のフチを指定できます。これは今までのような調整と違い、スライダーバーで位置を変えるといろいろなフチに変更できるようになっています。一つ言い忘れていますが、微調整の時に右側に出る丸いアイコンは、変更したときにやり直しアイコンに表示が変わり微調整の状態を前の状態に戻すことができます。

 エフェクトをかけた後の保存ですが、画面上のメニューの1番左にあるフロッピーディスクのアイコンから保存できます。また保存だけでなく、Tumble、Facebook、eMail、SMSへの投稿もサポートしています。
 なかなか高機能なアプリで、単にエフェクトをかけるだけでなく、自分で微調整して気に入ったものは自分のエフェクトとして登録できるのは面白い試みだと思います。