LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリは、アプリを起動するとすぐにムービーが撮影できるカメラアプリです。デフォルトの設定では15秒しかムービーは撮る事ができませんが、設定を変えることで普通に時間を気にせずムービーを撮ることができますが、それ以外の機能もとても面白いです。
 まずこのアプリの面白いところは、アプリのアイコンをタップしたらすぐにカメラが起動して、撮影を始めることができるところです。面白そうな場面に遭遇した時に、すぐ起動してムービーを撮るそんな場面で威力を発揮すると思います。15秒ってと思われるかもしれませんがテレビCMでも15秒があったりしますので、感覚的に意外と長く撮れると思います。

サポートサイトは下記になります。
tandemapps
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
15秒 – 動画カメラ – Tandem Systems

 次に紹介するのはこの15秒 – 動画カメラで作成したムービーです。この機能自体は最近のアップデートで加わった機能を用いていますが、とても面白い試みだと思います。また次のアップデート予定もなかなか意欲的なもので今後も期待できるアプリです。

 アプリ自体は何度も言っていますが、アプリを起動すると、すぐ撮影が始まります。デフォルトでは15秒間の撮影が終わると一旦撮影が止まります。アプリの使い方としては、まず日常を撮ったりするための自分用ライフログ。リアのカメラで15秒間撮影ができます。次はフロントカメラを使った15秒間のメッセージ作成。そしてカスタム設定(ここが私が触った中で一番おもしろい機能)。15秒という短時間だから面白いということもありますし、ファイルサイズ的にも何十MBもなるようなこともないので安心して撮影できます。もちろん15秒にこだわらずに時間無制限で撮影も可能です。が個人的には15秒で撮ることをおすすめします。
 アプリの撮影時の画面はシンプルです。恐らく横向きで使う方が多いと思いますが、左からフラッシュのON/OFF/AUTO、真ん中が撮影のスタートとストップ(デフォルトではアプリを起動したらスタートしているのでストップが表示されています)、そして状態を表示しているアイコンで赤い点滅をしていると撮影が行われているということが分かるようになっています。


 撮影が終わると、画面上に、メニューが表示されます。画面上の一番左はPictShareというネット上に写真や動画をアップロードすることができるアプリとの連携で、撮った動画をすぐさまTwitterやFlickr、Dropbox、Picasaなどにアップロードすることができます。
 画面上の右側の歯車アイコンは設定で、撮影方法を変更することができます。あとはヘルプとインフォメーションになっています。

 

 この15秒アプリは15秒撮影するというだけでなく設定から変更することで面白い機能が備わっています。最初の画面から設定の歯車アイコンをタップすると設定画面が表示されます。
 ここではまず、アプリを起動した直後に録画を自動的にスタートするかどうかの指定と、おすすめ設定として3種類の録画設定を選ぶ事ができます。
 ライフログ的な使い方、動画メッセージを作成するための録画、そしてカスタム設定があります。
 このおすすめ設定の切替は各設定の最初にあるアイコンのところをタップすることでチェックマークが移動し、各々の設定が選べるようになっています。ここでは更に設定ができるカスタム設定を見てみます。

 カスタム設定では、カメラ(リア/フロント)、録画時間、起動時のフォーカスモード、録画サイズの指定ができるようになっています。
 ここで面白いのは、録画時間のところです。単純に15秒間撮影以外に、制限なし、ラスト15秒、15秒伸縮があります。ここで最初に紹介した動画は15秒伸縮で撮っていて、実際は10分くらいの録画を15秒にまとめたということになります。
 ラスト15秒なども、ずっと撮っていて何か起きたら止めてそこから15秒前からのムービーの保存というのも面白いと思いますが、私のおすすめは15秒伸縮です。15秒より短い時間で撮影していると15秒に引き伸ばされるので、スローモーションのような動画になり15秒より長い時間撮影していると早送りしているかのような動画になります。
 こういうアプリ自体が無かったので、より動画を撮るのが楽しいアプリになっています。

 また開発者サイトには、他にもさまざまな動画がアップされています。
15seconds
 ぜひ見てみてください。面白いと思います。