INStan Pocket : 今を楽しむトイデジタルカメラアプリ。トイデジの面白さを体験してください。

 私自身ベータテストから参加して、いろいろと意見を言わせていただいていたINStan Pocketがついにリリースされました。開発者のiPhoneカメラアプリとしてはCAMERAtanPICtoneに続く第三弾のアプリで、より洗練されたエフェクトや効果が入っています。
CAMERAtan 3.0 写真をトイデジで撮ったような写真にしてくれるiPhone写真アプリ
簡単な操作で味のある写真に変化させるトイカメラ シミュレーター PICtone

 このINStan Pocketは、その場で撮影した写真だけにエフェクトをかけることができますが、その分撮影機能としては、ホワイトバランス・露出・フォーカスをロックさせる要素やその他面白い機能が入っています。

サポートサイトは下記になります。
MorokoshiMan_blog
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
INStanPocket – MorokoshiMan

 なおINStan Pocketの取説も下記のページに用意されていますので、アプリに興味があったり使い方を見たい方は先に見ておくことをお勧めします。
INStan Pocket(ver.1.0) リリースしました! ? MorokoshiMan_blog


 アプリを起動すると、すぐカメラの画面になりますが、標準のカメラとは違ったトイデジらしい遊び心のある画面が表示されます。ファインダーには最初からグリッド表示が入っており、これが非常に便利。特にマシカク写真を撮る時などは中心を決めて撮りたいことが多いのでうれしい表示です。
 ファインダーの右側にあるスイッチのようなものは、上からホワイトバランス・露出・フォーカスのロックスイッチ、そしてMXと書かれたボタンは多重露光のスイッチになります。点灯でON状態になります。ロックスイッチはその状態の維持したまま他の被写体を撮る時に面白い効果が出ると思います。たとえばフォーカスのロックなどは、一度別の被写体に合わせてロックさせ、別の被写体を撮る時にボケを演出する効果もあります。


 多重露光は、MXスイッチをONにするとシャッターボタンを押すたびに最初の写真に次々重ね合わせていくので、2重だけでなく3重4重にも写真の重ね合わせを行うことができます。またこの際に、写真をその都度保存できるので、3重4重で撮って2重の方が良かった場合にも安心です。
 この右の画面は保存した時に表示される写真ですが、その都度、保存するか破棄するかを指定できます。
 ただこの多重露光も単純ではなく(単純でも良いのですが)、次に紹介するエフェクトを変更して多重にすることができるので、いろんな楽しみ方ができると思います。

 画面中央にあるINStan Pocketのロゴの両隣にあるアイコンはそれぞれ機能があります。最初は左側にあるColorと書かれたアイコンの所。タップするとファインダーのところに表示されます。これはエフェクトになります。CAMERAtanやPICtoneでやってきた成果というか厳選されたエフェクトです。エフェクトは全部で5種類あります。画面上のエフェクトが表示されているところを横にスワイプ(スライド)していくとエフェクトが切り替わります。ここで右上の所をタップすることでチェックマークが付き、そのエフェクトが有効になります。


 次は右側にあるToneと書かれたアイコンの所。ここには非常に凝った演出で、トーン選択ができます。各スイッチはタップすることで変更することができます。LEVELではN,-1,-2で表示されていますが、取説によると晴れの屋外撮影ではN、曇りや室内撮影は-2がオススメだそうです。VIVIDではN,+1,+2で表示され、その名の通りわざと色を壊して鮮やかにする効果があります。BLURではN,T,Mで表示され、Nは効果なし、Tはトイデジのように写真全体の輪郭をぼかす、Mはミニチュアっぽく写真の四隅をぼかす設定になります。FRAMEは写真のフレームでN,A,Bがあり、Nはフレームなし、AとBはそれぞれパターンの異なるフレームになっています。


 その下には、MONITORと書かれたボタンがありますが、これもまたちょっと面白い試みでタップすることでファインダーを外すことができます。ファインダーを外すと何が撮れるかわからないと思われるかもしれませんが、これは一般的に売られているトイデジではファインダーが適当なものがよくあります。中にはファインダー自体無いものがありますが、その面白さを味わえるようになっています。そしてこのファインダーを外している時にはそれ専用のエフェクトがかかるのも楽しみの一つで、これは写真アルバムを見るまではどんな写真が撮れているのかわからないようになっています。偶然面白い写真が撮れてたということがあるかもしれません。

 MONITORの下にはこのアプリの解像度指定を行うことができます。L版印刷に最適なフォーマットの長方形(スタンダード)の時には、低解像度の場合は800×560、高解像度では1200×840です。マシカク(スクエア)の時には、低解像度の場合は600×600、高解像度では900×900になっています。
 シャッターボタンは右下にあり、画面下中央には、デジタル風な表示で現在の状態を表示しています。撮影可能(READY)・撮影不可(BUSY)、長方形(スタンダード)・真四角(スクエア)、高解像度・低解像度が表示されています。
 

 ここまで説明した中で、あれ?と思った方がいるかもしれません。写真のフォーマットはスタンダード(長方形)とスクエア(真四角)が選べますが、その選択する場所が無かったと思います。
 その指定は、カメラの部分を右から左にスライドしてみてください。カメラの横の部分が表示され、そこでスタンダード(ST)、スクエア(SQ)のスイッチがあるので切り替えて使うことができます。ヌルッと動くので面白いです。戻すときは左から右にスライドすると戻ります。

 これを使っている方で、もしかすると写真アルバムからも取り込みたいと思う人がいるかもしれませんが、撮るだけでこれだけいろんな調整ができるのでそこを楽しんでもらいたいと思いました。スクエアはとにかく撮りやすいので、撮った写真をInstagramにアップするのにも適しているかと思います。

 注意としては、iPhone本体の回転ロックを指定されている方がいると思いますが、解除することで、横向き(ランドスケープ)撮影が可能になります。
 そしてすでにINStan PocketのFlickrグループもあります。私も何枚か投稿していますが、非常に面白い写真ばかりですので、撮った際には投稿してみることをおすすめします。
Flickr: The INStan Pocket Pool

 またTwitterのハッシュタグ#instan_pでも投稿して見せることもできます。撮った写真をみんなに見せて遊びましょう。
● #instan_p

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る