EyeEm 写真共有サイトEyeEmがiPhoneアプリをリニューアル。エフェクトも備わったアプリに。

 EyeEm(以前はEYE’EM)と言えば、以前にも何度か紹介し、iPhoneアプリも紹介したことのあるところですが、この度サイトも少し高速化し、アプリ新しく作り直して登場しました。EyeEmというのはモバイルフォトの写真共有サイトでiPhoneに限らずAndroidアプリも出しており、モバイルフォトグラファーの間では有名なサイトです。
 以前のバージョンでは正直、表示がサイトに釣られて重いという印象がありアップロード専用のアプリと化していましたが、今回は表示も以前より早くなっています。また今回は無料にも関わらずエフェクトもアプリの中に搭載しての登場です。

サポートサイトは下記になります。
EyeEm
ブログは下記になります。
EyeEm – Blog
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
EyeEm – 写真フィルターカメラ – EYE’EM

またAndroid用アプリもあります。
EyeEm – Taking Photos Together – Android マーケット

 まずアプリの説明の前に写真共有サイトのEyeEmの話をさせていただきます。

http://www.eyeem.com/ EyeEmは、オープンしてすぐにモバイルフォト共有サイトとして登場しました。昨年は意欲的に活動し、集めた写真から優れたものを選別し、そのまま展示会に展示するような形を取り一躍モバイルフォトグラファー(特にiPhoneの写真を撮るiPhoneographer)に注目されるようになりました。そして今では、カメラを持つモバイルデバイスがiPhoneだけではなく、Androidでも素晴らしいアプリが出てきて、EyeEmの中ではデバイスに関係なくモバイルフォトとして共存するようになっています。
 EyeEmのブログでは、優れた写真を紹介しています。その中に自分の写真が入ることが一種のステータスであり、名前を知ってもらうためのステップのようになっています。実際、ここでiPhoneographerとして注目されると、現在Facebookで非公開で作られている(私もメンバーですが)世界のiPhoneographer100人で構成されるグループに推薦されることがあります。なのでEyeEmはiPhoneで写真を撮って作品と見せたい方にはとても良いサイトだと思いますのでぜひ参加してみてください。モバイルデバイスを持っていれば参加は簡単でメールアドレスを登録すればアプリからでもWebサイトからでも使えるようになります。


 ここでは登録が済んだ状態で説明しますが、登録はアプリからとWebサイトのSign up双方から登録ができます。
 新しいEyeEmアプリは起動すると真ん中にメニューが表示されますが、背景は投稿された写真が随時入れ替わって表示されていきます。カメラマークのボタンは写真を投稿する際に使用します。下のリストのマークのアイコンはビューアになっています。画面左上のアイコンは最近のお気に入り登録された内容などが表示されます。右上のナットのアイコンは設定になります。


 カメラのアイコンをタップすると、すぐにカメラが起動します。そして画面下にはリアルタイムエフェクトと操作のためのメニューが表示されます。画面下の真ん中がシャッターボタンになっていて、撮った写真をそのままEyeEmにアップロードすることができます。
 また、シャッターボタンの左側にある四角のマス目になっているアイコンはタップすると写真アルバムから写真を読み込んでくれます。なのでその場で撮る写真以外でもEyeEmのサイトに写真をアップロードすることが可能です。

 
 その場で撮った写真には良い点があります。それはEyeEmのサイトでも表示されていますが、What?とWhere?が関連しています。モバイルフォトの利点としては場所が記録できることです。場所がどこなのか指定することで、タイトル(What)と一緒に付加することが可能になっています。ただ位置情報を付加したくない場合ももちろんあると思いますので、位置情報を付けたくない場合は、No Locationを選択すれば付加されません。またここで撮った写真とエフェクトをかけた写真はカメラロールにも保存されます。
 写真自体、他のアプリでエフェクトをかけたい場合は、一旦中止し、別のアプリでエフェクトをかけて、EyeEmを起動してエフェクトなしでアップロードすることも可能です。


 そして、トップメニューのリストのアイコンをタップするとビュー画面になります。ここでは、現時点EyeEmに投稿されている写真の一覧を表示するLive、EyeEmにあがっている写真の中で優れている写真を表示するPopular、EyeEmでは気に入った人をフォローすることが可能で、そのフォローした人の写真を見ることができるPHOTOS FROM YOUR FRIENDS、自分がお気に入りにした写真YOUR FAVORITES、そして自分の写真YOUR PHOTOSを見ることができます。以前はここがすごく重くて見るだけでもかなりの時間を要しましたが、このアプリでは比較的容易に見ることができます。私の写真もうれしいことに数点Popularで残っています。Instagramの一時的な評価と違い、総合的な評価なのでみんなが気に入った良い写真は残り続けます。

 Instagramだとモバイルデバイス以外で(例えばデジタル一眼などで)写真を撮ってアップロードしている人がいますが、EyeEmではどれもiPhoneやAndroidなどのモバイルデバイスのみなので同じ条件で投稿している人ばかりと思ってもらえれば良いと思います。(他のものを使っている人はすぐバレます。)
 Instagramで写真の面白さを知った方やもっといろんなサイトに投稿してみたいという方にはEyeEmは良いサイトでもありますし、更に写真が楽しくなるのではないかと思います。また中にはレベルがかなり高い写真もあるので参考にしながらチャレンジしてみるという事での参加も面白いと思います。EyeEmのブログに日本人の名前が載るのを楽しみにしています。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る