LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリは、2枚の写真をブレンドするアプリです。ブレンドというと分かりづらいかもしれませんが、2枚の写真を合わせて多重露光(2重露光)のように自分で調整できるアプリ。そしてもう一つ面白い機能がこのアプリには入っています。
 もう一つの面白い機能と言うのは私自身が熱望していた機能で、ほかのアプリには今までなかった機能です。これも最後に紹介したいと思います。

サポートサイトは下記になります。
● JHND.ME
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● Image Blender [iTunes]


 画面の操作は簡単です。まず元となる写真を2枚用意します。その2枚はベースとなる方を画面下の左端の四角をタップして取り込みます。これはカメラを起動して取り込むこともできますし、写真アルバムからも取り込むことができます。2枚目は画面下の右端の四角をタップして、こちらも1枚目と同様に取り込みます。
 画面上には左側に2枚の写真をブレンドする際の、Blendボタンと右側に保存ボタンがあります。


 2枚の写真をセットしたら、画面下のスライダーでどちらの写真を濃くするか調整ができます。ここで画面上のBlendボタンを押すと、画面下にBlending Modeが表示され、画面を左右にスライドさせると見ることができます。これらをタップすると選択できるようになり即写真に反映されます。Blending ModeはNormal, Multiply, Screen, Overlay, Darken, Lighten, Color Dodge, Color Burn, Soft Light, Hard Light, Difference, Exclusion, Hue, Saturation, Color, Luminosity, Plus Darker, Plus Lighterの全18種類あります。


 そして私自身が欲しかった機能なのですが、このImage Blenderにはもう一つ機能があります。それは、重ねる写真をずらすことができる機能です。Blending Modeから抜けて、写真とスライダーが表示されている時に、写真をダブルタップするとそのモードに切り替わります。画面は1枚目がベースとなっていて、2枚目を2本の指を使ってピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、そして回転や移動も行うことができます。ベースは1枚目なので、1枚目の写真の範囲が、できあがる写真のサイズになります。
画面の下にはスライダーが付いており、これもまたこの画面から濃さを調整できるようになっています。この画面の右上にあるUseボタンを押すと画面が反映されて元の画面に戻ります。
 この機能どうして欲しかったかというと、同じ写真を2枚使って微妙にずらしたアート作品を作りたいというのが多々ありました。それがこのアプリで実現できるので新しい表現の方法としてこのアプリが使えそうです。例えば同じ写真を使って、1枚は他のアプリで加工しておき、元の写真と加工した写真を重ね合わせたりしても面白いです。また多重露光を利用して空いている空間にマシカクの写真を持って来たりなど使う用途が広がると思います。