LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリは一言で言うと「すばらしい」アプリです。その分価格も少しお高めですが、これ一つ持っているだけでiPhoneの写真編集のかなりのことができますし、またできあがった結果を見ると満足してしまうと思います。それくらい良い出来のアプリです。
 iPhone写真アプリというと編集系のPhoto fx [iTunes]Adobe Photoshop Express [iTunes]や、エフェクト系のCamera+ [iTunes]CAMERAtan [iTunes]などが有名ですが、どちらかというと前者の編集中心、エフェクトは控えめで、より写真を引き立たせるアプリに近いです。仕上げに使うにも有効だと思います。
 このアプリを使っていると、どんどん自分の想定している写真よりも良いものが仕上がっていく感じがしてとても楽しくなります。例えばエフェクトで、1タップでエフェクトをかけてこんなエフェクトだとちょっとな・・・と思いやり直すという事がありますが、このアプリの良いところは自分で調整しながら仕上げていく過程でも写真を見ながら楽しむ事ができます。正直使っているとどれも良くて作品にする時に迷うかもしれません。道具はそろったから後はあなたのセンスだけですと言ってくれているようにも感じます。なおこのアプリはユニバーサルアプリになっていてiPhone / iPod touchだけでなくiPadでも楽しめます。

サポートサイトは下記になります。
● Snapseed – Nik Software
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Snapseed – Nik Software, Inc.

iPad版ですが、ビデオチュートリアルがあります。

 それでは各機能について見ていきます。


 起動時に位置情報の確認画面が出ますが、許可するようにしましょう。保存時には元の位置情報のまま保存されます。まず操作に関して迷うことがあっても安心です。画面上に表示されている?マークをタップして「Show Pverlay」を選択すると画面上に操作が表示されます。タップするとそのヘルプも消えるようになっています。
 基本となる画面は、画面中央に写真、画面上にカメラと写真アルバムからの写真の取り込み(Open)と保存と投稿(メール、プリント、Flickr、Facebook)の操作があり、画面下には各機能の操作メニューがあり、左右にスワイプさせることでメニューを表示させることができます。この操作は全部でAUTOMATIC, SELECTIVE ADJUST, TUNE IMAGE, STRAIGHTEN, CROP, BLACK & WHITE, VINTAGE, DRAMA, GRUNGE, CENTER FOCUS, FRAMESの11種類あります。この11種類をスクリーンショットと一緒に見ていきたいと思います。またこの画面で左側2段目に表示されている左矢印は元に戻す機能になります。

AUTOMATIC(自動調整)

 AUTOMATIC(自動調整)は2つのパラメータの調整になり、写真を自動的に分析してコントラストとカラーの調整できます。操作方法は、ヘルプを見ると分かりますが、縦方向のスワイプでコントラストかカラーどちらかの修正かを選び、横方向のスワイプで調整します。
 調整時には、写真にもそのまま反映されますが、値でも画面上に表示されます。縦方向の修正のメニューですが、最初は戸惑うかもしれませんが、縦方向上下に移動させて、青色に選択されている方が対象になりますので、それに該当するように上下にスワイプさせて選択します。タップして選択ではなく指を離して選択という形です。
 なお共通の操作として、画面右上に絵画のアイコンがありますが、そこを押したままにすると、元の写真を見ることができます。画面下の左右の矢印は左側がキャンセル、右側が実行になります。

SELECTIVE ADJUST(選択調整)

 SELECTIVE ADJUST(選択調整)は、写真上で指定したところだけ範囲を決めて明るさ(BRIGHTNESS)、コントラスト(CONTRAST)、色合い(SATURATION)を指定できる操作になります。上のAUTOMATICよりも更に細かい指定ができます。
 まず画面下にある+アイコンをタップして写真上をタップします。するとBと書かれた丸いポイントが表示されると思います。そこで上下方向のスワイプで明るさ、コントラスト、色合いの変更ができ、左右方向のスワイプでその強さを指定できます。このポイントは写真上で何個も作ることができ、そのポイントをタップすると青く表示されるので、そのポイントが有効になっていることが分かります。
 そして、ピンチイン・ピンチアウトで赤く範囲が表示され、明るさ・コントラスト・色合いの有効範囲を指定することができます。少し細かいですが、B(BRIGHTNESS),C(CONTRAST),S(SATURATION)と表示している丸のフチが円グラフのようになっていて、調整した値の割合を表示しています。

TUNE IMAGE(画像の微調整)

 TUNE IMAGEは更に細かい指定ができ、写真の質を変えることができます。イメージをがらりと変えることができ、面白いです。設定項目はBRITNESS(明るさ)、AMBIANCE(雰囲気)、CONTRAST(コントラスト)、SATURATION(色合い)、WHITE BALANCE(ホワイトバランス)があり、これは上下方向のスワイプで今までと同じメニュー操作で指定できます。左右方向のスワイプはその強さになります。これを見ると分かりますが、単純に写真全体にエフェクトをかけているのではなく、自動で解析していることが分かります。ここではひまわりの写真ですが、花の部分と葉の部分を見ていると分かります。

STRAIGHTEN(傾きの修正と回転)

 写真が傾いてしまった場合などの修正に用います。上下左右のスワイプで角度は-10度から+10度まで修正でき、画面下中央の横にあるボタンで90度回転させることができます。
 グリッド表示もしてくれるので非常に分かりやすいです。なお画面の右上でプレビューを見ることができます。

CROP(トリミング)

 写真をトリミング(切り取り)する場合にこの機能を使います。指で調整するだけでなくオリジナルのサイズの比率から1:1, DIN, 3:2, 4:3, 5:4,16:9が指定できます。(DINの比率はルート2)そして、これの反対の比率も画面下のボタンから簡単に変更できます。
 また切り取った写真のプレビューは画面の右上のアイコンを押すことで見ることができます。

BLACK & WHITE(モノクロ写真)

 モノクロ写真にするための操作で、ここでは自分で調整できる機能と、あらかじめ用意されたスタイルを選択することもできます。画面下中央の左側に表示されている☆アイコンをタップすると、スタイル6種類からモノクロ写真を選択することができますし、画面の上下スワイプでBRIGHTNESS(明るさ)、CONTRAST(コントラスト)、GRAIN(粒子)の指定ができ、左右のスワイプでその調整ができるようになっています。

VINTAGE(ビンテージフィルム)

 この操作はビンテージ感(30年?50年くらい前の写真)のようなエフェクトを写真に与えてくれます。単にエフェクトを選ぶだけでなく、BRIGHTNESS(明るさ)、SATURATION(色合い)、TEXTURE STRENGTH(テクスチャの強さ)、CENTER SIZE(周辺減光)の指定が可能です。うちCENTER SIZEはピンチイン・ピンチアウトでも指定可能です。
 ☆アイコンをタップするとスタイルを選ぶ事ができます(全9種類)。そしてもう一つ、テクスチャの指定が可能で、テクスチャは4種類あります。実際の影響は、タップしていくとわかると思います。

DRAMA(フィルター)

 DRAMAは数種類のフィルターが用意されており、そこから更に微調整ができるようになっています。上下方向のスワイプでFILTER STRENGTH(フィルターの強さ)、SATURATION(色合い)を変更できます。また画面下の☆アイコンをタップすることで、Drama 1, Drama 2, Bright 1, Bright 2, Dark 1, Dark 2のスタイルを指定することができます。

GRUNGE(汚れたエフェクト)

 GRUNGEは汚れたようなエフェクトの意味ですが、単にエフェクトだけではなく調整項目も多いので面白いと思います。上下方向のスワイプで指定できるメニューはSTYLE(スタイル)、BRIGHTNESS(明るさ)、CONTRAST(コントラスト)、TEXTURE STRENGTH(テクスチャの強さ)、SATURATION(色合い)があり、左右方向のスワイプで調整ができます。また画面上をピンチイン・ピンチアウトをすると円が表示され、その範囲以外のところが汚れたようなイメージになります。この円は中心(青い丸)を移動させることもできるので、面白い効果を写真に与えることができます。またスタイルは面倒な場合は画面下中央の左側にあるクロスしているアイコンをタップすると次々スタイルが変わっていきます。画面下中央の右側はテクスチャ呼び出しで全5種類のテクスチャを呼び出すことができます。

CENTER FOCUS(ぼかし効果)

 上のGRUNGEでもエフェクトに混じりながらのぼかしはありましたが、こちらはぼかしだけの機能です。上下方向のスワイプではCENTER SIZE(ぼかし具合)、FILTER STRENGTH(フィルターの強さ)の指定が可能で、左右方向のスワイプで調整ができます。またピンチイン・ピンチアウトでぼかしの範囲を指定できます。☆アイコンをタップするとフィルターが表示され、そこからもぼかしのフィルターを指定することができます。

FRAMES(写真のフチ変更)

 FRAMESはそのまま写真のフチの指定になります。フチを付けたい場合のみ有効です。上下方向のスワイプでは、FRAME WIDTH(フレームの幅)、FRAME OFFSET(フレームのオフセットで内側にフレームが入り込んできます)の指定ができ左右方向のスワイプで長さの調整ができます。画面下中央の左側はフレームの種類を選択できます。画面中央下の右側はランダムにフチを変えることができます。個人的には、色が白だけなのであまり好きなフチはありませんでした。

 保存はオリジナルサイズで位置情報もある場合は、そのまま一緒に保存されます。正直これだけの機能があると紹介も大変ですが、作る方はもっと大変なわけで、このアプリを使った写真の出来は個人的に満足しています。