LINEで送る
Pocket

 いろんなカレンダーアプリをこのブログでも紹介してきましたが、今回紹介するカレンダーアプリは、表示がシンプルで且つ動作の軽いものです。
 開発元は他にカレンダーアプリのCalvetica Classic [iTunes]というアプリも作っており、今回はそちらの紹介はしませんが、こちらも高機能で良いアプリだと思います。そしてこのアプリはユニバーサルアプリでiPhone,iPad両方に対応しています。
 カレンダーデータは標準カレンダーに指定しているカレンダーからデータを取ってくるので、標準カレンダーでGoogleカレンダーと同期していると直接操作できます。

サポートサイトは下記になります。
Calvetica – The fast calendar for iPhone
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
Tempus Calendar – Mysterious Trousers, LLC


 カレンダーの表示部分は白で統一されており、非常に見やすくなっています。そして予定のあるところにはドットで表示されます。ドットの色は設定から、カレンダーによって変えることができます。月表示の時には、左右にスライドさせることで月の移動が可能になっています。前月、次月簡単に指で切り替えることが可能になっています。
 そして月表示の中の日をタップするとリストビューで週表示してくれます。こんどは上下にスライドさせることで、次々予定の確認ができるようになっています。ここで右にスライドすると月表示に戻れますし、週表示の中の予定をタップすると更に入力した詳細が表示できるようになっています。動作は非常にスムーズです。
 そしてこのアプリは、横に傾けるとまた違う表示をしてくれます。字は細かくなりますが、縦軸に時間、横軸に日付でスケジュール確認ができるようになっています。

 このアプリの予定の入力方法として表示される画面は複数あります。まず週のリストビューで表示されているところの日付の+アイコンがあるところをタップすると以下のような予定入力画面になります。この画面では赤枠の左右スライドで表示を切り替えることができますし、Moreというボタンをタップすると違う入力画面を開くことができます。先に言うとMoreボタンで表示される入力画面は月表示の時に+アイコンをタップした画面と同じです。

 月表示している時に+アイコンをタップすると以下のような入力画面になります。タブが画面上に表示され、DAY,HOURの入力が簡単になります。

 上のDETAIL部分ですが、縦に長い画面になりますがかなり細かく入力することができます。ここらへんの入力に関しては、もう一つのアプリCalvetica Calendar [iTunes]と色は異なりますが入力などは同じです。ただCalvetica はこのアプリと違って、更にタスクの入力ができます。

 設定項目も非常に多いです。しかしながら結構必要な項目がそろっています。まず入力する際の手間を省くためにデフォルト値を設定できます。デフォルトのカレンダー、何分、何時間、何日前にアラームを鳴らすか、1日中の予定の時のアラームはいつ鳴らすか、カレンダーの色、週の始まりを何曜日にするかなどの指定がここで可能です。

 Calvetica Calendar [iTunes]も持っているので、こちらも紹介したいと思っていますが、Calvetica Calendar [iTunes]は画面が常に月のカレンダーが表示されているため、どうしてもアクティブな表示部分が少なくなります。こちらのアプリは画面いっぱいにアクティブな情報が見れるので、私個人的にはこちらの方が好きだったので先にこちらを紹介させていただきました。