LINEで送る
Pocket

 なんと日経ビジネスオンラインの記事によると、KDDIがこの秋にも発売が噂されているiPhone 5(仮名称)の国内での販売契約を締結して、全国のauショップなどで販売を開始するらしいとのこと。
KDDI、「iPhone5」参入の衝撃:日経ビジネスオンライン

米アップルが今秋にも発売する「iPhone5」を、KDDIが日本で販売することが判明した。日本では初代iPhoneから3年間続いたソフトバンクによる独占販売体制が崩れる。加入者数でソフトバンクに追い上げられているKDDIにとって強力な援軍になりそうだ。

 正直、ソフトバンクがあれだけ頑張ってiPhoneユーザーを増やしてくれたので、本当の話?と最初は思いましたが、Appleにしてみると日本では1社独占で頑張って販売しているもののAndroidの方には勢いがあり、やはり販路拡大が重要事項。ということになるとdocomoかauどちらかに販売契約を結ぶのはいつか行うのかなと思っていました。
 auが参入すると嬉しいのは電波の改善がありますが、そこらへん通信料も含めて気になるところです。

ソフトバンクの携帯電話向けパケット定額料金は月額5460円だが、iPhone向けだけは同4410円。iPhoneの販売を促すために、ほかのスマートフォンより安い料金をあえて設定しているのだ。KDDIも同様の条件を突きつけられているとすれば、現在のスマートフォン向け月額5985円より1000円近く安い「iPhone特別料金」を作らなければならなくなる。

 実際auは対iPhoneのようにCMで頑張ってましたが、それが方向転換で変わるというのも面白いですね。そしてiPhoneが販売されるときですが、販売経路が分散化されるというのもうれしいところで、今回は並ばないで買えるのがうれしいのですが、auの方に流れてくれるとソフトバンクユーザーのままでいる人には買いやすいということになります。
 個人的にはiPhoneユーザーが増えることはうれしいですが、ソフトバンクの孫さんがiPhoneを日本に持ってきてくれたことを考えるとちょっと寂しい感じもします。しかしソフトバンクとauで競争していただければユーザーの満足度も上がるのではないかと思いどちらの会社もiPhoneを売るのに頑張って欲しいところです。

 現時点では、私は家からだとソフトバンクショップの方が近いし広いからiPhoneはソフトバンクのままだと思います。auにするメリットは電波だけれども今の所都会でも無いので問題はありません。むしろソフトバンクとau両者が競い合ってiPhoneの良さを最大限に生かしてくれる環境を提供し続けてくれるのかが問題で、より快適にしてくれる方をユーザーは選ぶでしょうね。日本ではテザリングができないんで、もしauが可能にするなんてことがあればそちらに流れる気がします。

更に日本経済新聞からの情報
KDDI、iPhone販売へ ソフトバンク独占崩れる  :日本経済新聞

 KDDIはアップルと日本での販売について協議、今夏までに合意した。「iPhone5」はソフトバンクも含め世界各国で10月中旬に発売される見通しだが、KDDIは使う電波の準備などから早くても年明けになるもよう。データ通信料金はソフトバンクと同程度の月4000円台の定額制となる見通しだ。

iPhoneの発表が年内にあったとしてもauからは年明けになるということで、iPhoneが年内に発売だったとするとauユーザーは少し待つ必要が出てきますね。