LINEで送る
Pocket

仕事納めも終わり、年末の大掃除に取りかかってますが、去年がほとんどできなかっただけに大変です。日頃からやっておけばいいことが結構あったりしますが、そんなことはさておき、今回はiPhoneの写真などに霧を吹き付けて加工できるアプリです。

開発サイトは下記になります。
● iFog
App Storeではエンターテインメントカテゴリーにあります。
● iFog [iTunes]icon

このiFogは他の加工アプリとちょっと違う所があります。マイクを使って霧を作るというところが面白いです。強く吹けば画面が真っ白になるくらい霧がかかりますし、少し吹くとうっすらと霧がかかります。
そこから写真に対して指でなぞって消していくと下の写真が出てくるというものです。何度も吹いて霧を出して指で消してということができるので、面白い写真ができるかもしれません。
また失敗した場合はiPhoneを振ると霧が消えてくれます。

画面の右下のマークをタップするとメニューが出てきます。作成した写真をそのままメールしたり、保存したりとありますが、カメラで撮った写真をそのまま加工対象の写真にしたり、今まで撮っている写真も対象にでき、最初から10種類の背景写真があるのでそれを使っても霧を付けて加工できます。また消すときのブラシの大きさは3種類あります。

ただこのアプリ使っていて思ったのは、写真を加工するよりも、霧を付けた後に手書きメモ風にメモを書いておくと窓ガラスに落書きしてる感じが出て面白いと思いました。

アプリで遊んでる場合では無いくらい大掃除やら年賀状書きが待ってるんですが、ま?仕方ないです(笑)