LINEで送る
Pocket

 iPhoneを使っていて、不満と思うところは、私はアンテナに関して(ソフトバンク)はあまり影響を受けてないのですが、バッテリーの持ちと容量でした。バッテリーの持ちはどんなスマートフォンでも起きるので予備のバッテリーがあるので仕方ないとして、容量は不満でもあり、気になるところでした。iTunesにつなげると、Appの容量が10GB以上になっていて、なんでこんなに、何のアプリがこんなに容量を使っているのかということが非常に知りたいと思っていました。iOS 5になりその容量を見る手段ができました。iCloudです。これでアプリごとのデータ容量も見ることができて、もやもやしていた事が解消されました。

 アプリをそれだけ入れてるからと言えばそれまでなのですが、実際どんなアプリがどれだけ容量を取っているのか簡単に見ることができます。


 最初は、この方法を書く予定ではなく、iCloudにバックアップをしようと思ってたところ、左のようなエラー「Not Enough Storage」要は容量不足が表示されて、なんでそんなに容量取っているのかと確認をしようとした時に見つけました。

 ここからSetting(設定)ボタンをiCloudを選びます。そして、そのiCloudの中の一番下にある「ストレージをバックアップ」をタップし容量を確認します。iCloudの容量は無料の5.0GBになっていて、まだバックアップはしていないので使用可能容量も5.0GBのままです。さらにこの中の「ストレージを管理」をタップします。

 「ストレージを管理」をタップすると使っているiPhoneが表示されるので、これをタップするとこのiPhoneのバックアップサイズなどが表示され、この画面を下にスクロールすると「すべてのAppを表示」をタップすると全てのアプリごとのデータ使用量がアプリ名の下に表示されます。

 アプリ毎に使用しているデータ量が大きい順でソートされて表示されます。データを使用していないものに関しては、データなしと表示されます。

 これで今までもやもやしてたものが見れて、ホッとしました。Momentoなどはかなりの容量取っていると思ってたのですが、実際には5.0MBと非常に少ないのはビックリでした。そしてやはり写真系アプリで独自に写真データを持ち込んでいるアプリはデータ容量が大きいということも分かりました。


 ということで、iCloudのプランですが、5.0GBでは写真のサイズ分(約2000枚分)が超えてるので、ちょっと考え物ですが、他のデバイスでの運用も考えると、10GBか20GBのプランを考えないとダメかなと思いました。
 あとiCloudのアップデートプランもiTunesカードで引き落とししてくれるとありがたいのですが。