LINEで送る
Pocket

 iOS 5になっても気になるのはカメラの機能で、iPhone 4Sのように性能はアップできませんが、カメラと写真のアプリの機能はいろいろと強化されています。ちょっと簡単なアプリなどは不要になるくらいです。カメラ、写真それぞれで新しく追加された部分を見ていきたいと思います。


 最初はカメラの機能から、性能は当然ながら変わっていませんが、操作に少し変化があります。まず、カメラを起動した時の、画面上部に出てくるオプションという文字。ここをタップすると、カメラのファインダー上にグリッド表示ができたり、以前からあったHDR撮影を行うこともできます。

 また画面上をタップしてフォーカスと露出を合わせる機能は変わっていませんが、画面を長押しすることで、フォーカスと露出をロックさせることができます。画面下にAE/AFロックの文字が表示されます。暗いところをロックさせた状態で明るいところを撮ると全体的に明るい写真になったり、明るいところでロックすると全体的に暗い写真を撮る事が毎回画面をタップしてフォーカス・露出を調整しないで行うことができます。



 そしてもう一つ。あまり知られていませんが、カメラと撮影した写真の切替ができます。と言っても画面左下のサムネイルをタップしても切替は可能ですが、カメラを起動している時に画面上を左から右へスワイプすると画面が横に動いて、カメラから最新の撮影写真を見ることができます。画面上をスワイプして見れるのも面白いと思います。もちろん戻すこともできます。

 そしてアプリの写真の方ですが、画面右上にある編集ボタンをタップすることで、画面下にメニューが表示され、90度ずつの回転、自動補正、赤目補正、トリミングができるようになっています。回転は90度ですが、トリミングの方の操作で2本指で回転させることもできるので、微調整を行うこともできます。

 正直なところ、iPhone 4Sでもカメラの性能がアップし、カメラ自体の事も考えてくれているのは非常にうれしいです。
ただ、去年発見した写真アルバムの連続複数選択技が使えなくなったのは残念です。iOS 4なら可能です。
iPhoneのカメラロールにある写真の選択方法 ちょっとしたTips