LINEで送る
Pocket

 Twittelatorと言えば、前からご存じの方もいらっしゃると思います。一時期私もかなり使っていたTwitterクライアントで、とにかく何か問題があれば即アップデート、新しい機能をどんどん追加してくれる挑戦的なアプリでした。ただ、私の中では、後から出てくるTwitterクライアントの機能とデザインがTwittelatorを追い越してしまい、今では削除してしまったアプリなのですが、今回紹介するのはそのTwittelatorの後継アプリであるTwittelator Neue。デザインもTwittelatorとは全く違った感じに仕上がっています。リリース記念でセールになっていたので購入して試してみました。

サポートサイトは下記になります。
Twittelator Neue

App Storeではソーシャルネットワーキングカテゴリーにあります。
Twittelator Neue – Twitter Client for iOS 5 – Big Stone Phone

下のムービーで機能をさらーっと出しています。

 Twitterクライアントと言うと既に公式TwitterクライアントがiOS 5の通知センターへの対応で優位であったりしますが、特徴や機能など紹介したいと思います。

 Twitterの基本的な機能自体はこのアプリには備わっていますが、今高機能で有名なTweetlogix for Twitter [iTunes]と比べると少し機能が足りません。複数の写真の添付や特定の人のツイートを非表示にするミュート機能、デザインを変える機能などがTwittelator Neueにはありません。今回は先にデザインありきで公開したような感じもします。

 左の画面は通常のタイムラインの表示ですが、写真を貼り付けたツイートには隙間があり、そこをタップすると写真が見れるようになっています。画面下には画面切替のメニューがあり、タップして切り替えることもできますが、画面上を左右のスワイプで(指でスライドさせて)切り替えることもできます。動作としてはiPhone 4Sだからなのかもっさり感はありません。下に引っ張る(スワイプして指を離す)ことでタイムラインの更新機能はあります。
 画面下の切替は、左からアカウント(複数アカウントに対応)、メッセージ、タイムライン、自分宛のメンション(メンションをタップすると過去のさかのぼって会話を表示可能)、その他になっています。設定はその他のところから可能になっています。


 ツイートする時に追加できる情報は、文字以外に写真とムービー、そして位置情報になります。この時に写真を添付する先の写真サービス先にはiOS 5から使えるようになったTwitter公式を選択することができます。

 複数のアカウントがある場合、つぶやく先にアカウントを間違えてもこの画面からFrom ユーザーのところをタップすると、発信するアカウントを切り替えることが可能です。そして他には無い機能としてはSimulTweetで、複数のアカウントで同時に同じツイートを発信することもできます。

 
 アカウントを表示した時には、画面左上のAccountsをタップするとアカウント一覧で切替ができ、アカウント情報の右上に表示されているEditをタップすると、そのアカウントの情報を編集することができます。Twitterに登録してあるユーザー名、写真、位置、ウェブサイト、プロフィールなど変更できます。またAccountsからEdit Accountsを選択するとアカウントの表示順も変更することができます。

 
 最後にその他と設定の部分ですが、シンプルと言えばそれまでですがTwittelatorに比べると非常に少ないです。Moreでは検索とトレンドの表示、ドラフト(下書き)、リスト、Retweets、タイムラインショートカットはリストや検索結果をショートカットに登録しタイムラインが表示されている次のページに追加できる機能です。(ただバージョン1.0.1では削除するとエラーになるのでもし使いたい場合は注意してください)
 設定はこの画面の左上のSettingsで設定画面になります。タイムラインの写真の表示方法や、表示するユーザー名(Full NameかUsername)、非公式RTのフォーマット、音の設定などが設定できます。サービスでは、写真のサービスがTwitter,Moby,TwitPic,Yfrog,TwitGoo,Posterous,Plixi,Pikchur,WordPress,TwitLensから選べます。ムービーに関してはTwitVid,Yfrog,Moby,Posterous,Pikchurから選べます。後で読む機能に関しては、Instapaper,ReadItLater,OmniFocusに対応しています。その他、Facebook,Posterous,TweetPress for WordPress連携の設定が可能です。

 デザインは良いと思いますがまだ機能的には、イマイチな感じで、Twittelatorの時もそんな感じでした。今後のバージョンアップには期待したいと思います。