Twittelator Neue : 一世を風靡したあのTwitterクライアントのTwittelator後継アプリ!新しいユーザーインターフェースを搭載しデザイン一新!

 Twittelatorと言えば、前からご存じの方もいらっしゃると思います。一時期私もかなり使っていたTwitterクライアントで、とにかく何か問題があれば即アップデート、新しい機能をどんどん追加してくれる挑戦的なアプリでした。ただ、私の中では、後から出てくるTwitterクライアントの機能とデザインがTwittelatorを追い越してしまい、今では削除してしまったアプリなのですが、今回紹介するのはそのTwittelatorの後継アプリであるTwittelator Neue。デザインもTwittelatorとは全く違った感じに仕上がっています。リリース記念でセールになっていたので購入して試してみました。

サポートサイトは下記になります。
Twittelator Neue

App Storeではソーシャルネットワーキングカテゴリーにあります。
Twittelator Neue – Twitter Client for iOS 5 – Big Stone Phone

下のムービーで機能をさらーっと出しています。

Twittelator Neue. Tweet Different. from Ollie Wagner on Vimeo.

 Twitterクライアントと言うと既に公式TwitterクライアントがiOS 5の通知センターへの対応で優位であったりしますが、特徴や機能など紹介したいと思います。

 Twitterの基本的な機能自体はこのアプリには備わっていますが、今高機能で有名なTweetlogix for Twitter [iTunes]と比べると少し機能が足りません。複数の写真の添付や特定の人のツイートを非表示にするミュート機能、デザインを変える機能などがTwittelator Neueにはありません。今回は先にデザインありきで公開したような感じもします。

 左の画面は通常のタイムラインの表示ですが、写真を貼り付けたツイートには隙間があり、そこをタップすると写真が見れるようになっています。画面下には画面切替のメニューがあり、タップして切り替えることもできますが、画面上を左右のスワイプで(指でスライドさせて)切り替えることもできます。動作としてはiPhone 4Sだからなのかもっさり感はありません。下に引っ張る(スワイプして指を離す)ことでタイムラインの更新機能はあります。
 画面下の切替は、左からアカウント(複数アカウントに対応)、メッセージ、タイムライン、自分宛のメンション(メンションをタップすると過去のさかのぼって会話を表示可能)、その他になっています。設定はその他のところから可能になっています。


 ツイートする時に追加できる情報は、文字以外に写真とムービー、そして位置情報になります。この時に写真を添付する先の写真サービス先にはiOS 5から使えるようになったTwitter公式を選択することができます。

 複数のアカウントがある場合、つぶやく先にアカウントを間違えてもこの画面からFrom ユーザーのところをタップすると、発信するアカウントを切り替えることが可能です。そして他には無い機能としてはSimulTweetで、複数のアカウントで同時に同じツイートを発信することもできます。

 
 アカウントを表示した時には、画面左上のAccountsをタップするとアカウント一覧で切替ができ、アカウント情報の右上に表示されているEditをタップすると、そのアカウントの情報を編集することができます。Twitterに登録してあるユーザー名、写真、位置、ウェブサイト、プロフィールなど変更できます。またAccountsからEdit Accountsを選択するとアカウントの表示順も変更することができます。

 
 最後にその他と設定の部分ですが、シンプルと言えばそれまでですがTwittelatorに比べると非常に少ないです。Moreでは検索とトレンドの表示、ドラフト(下書き)、リスト、Retweets、タイムラインショートカットはリストや検索結果をショートカットに登録しタイムラインが表示されている次のページに追加できる機能です。(ただバージョン1.0.1では削除するとエラーになるのでもし使いたい場合は注意してください)
 設定はこの画面の左上のSettingsで設定画面になります。タイムラインの写真の表示方法や、表示するユーザー名(Full NameかUsername)、非公式RTのフォーマット、音の設定などが設定できます。サービスでは、写真のサービスがTwitter,Moby,TwitPic,Yfrog,TwitGoo,Posterous,Plixi,Pikchur,WordPress,TwitLensから選べます。ムービーに関してはTwitVid,Yfrog,Moby,Posterous,Pikchurから選べます。後で読む機能に関しては、Instapaper,ReadItLater,OmniFocusに対応しています。その他、Facebook,Posterous,TweetPress for WordPress連携の設定が可能です。

 デザインは良いと思いますがまだ機能的には、イマイチな感じで、Twittelatorの時もそんな感じでした。今後のバージョンアップには期待したいと思います。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る