Mobile Destination Alert 地図上の目的地にピンをさし、その場所に近づいたら通知してくれるiPhoneアプリ

 iOS 5に搭載されたリマインダーですが、個人的には良いアプリだと思うのですが、なかなか今まで使っていたアプリに置き換えることが難しいところがあります。リマインダーの中にある便利そうな機能は位置情報での通知で、出発時/到着時の指定は良いのですが、場所の指定が、現在地もしくは連絡先から指定ということで、連絡先に入っていない場所に関しては残念ながら設定できません。今回紹介するアプリはマップ上にピンをさし、その場所に近づいたら通知してくれるアプリです。あらかじめ登録した連絡先の住所は必要ありません。なおこのアプリは無料で広告が入ります。

サポートサイトは下記になります。
● Mobile Destination Alert Official Site
App Storeでは旅行カテゴリーにあります。
● Mobile Destination Alert [iTunes] 無くなりました。

 以下ではMobile Destination AlertをMDAと略して使用します。


 画面はマップが中心に上下に操作のためのボタンがあります。 上部左にある「MyPos」ボタンはタップすると現在地をマップ上に表示してくれます。上部右にある本を開いたアイコンのボタンは過去に設定した位置を保存(ブックマーク)した場所の呼び出しになります。
 画面下部には「Set Pin」ボタン、これは後で操作で説明しますが、ピンとセットする時にこのボタンをタップします。そしてStandardとSatelliteはボタンの切替でマップの表示方法を切り替えることができます。そしてInfoはヘルプ画面の表示になります。

 リマインダーより劣る点としては、指定する位置は1か所しかできないところ(ブックマーク機能有)です。あとマップ上にピンとさすので住所が文字情報として分かっていたとしてもマップ上で見なければなりません。このアプリで広告が表示されている部分が文字情報で検索できる領域であれば更に便利だったと思います。なのでよく使えるシーンとしては、電車の乗り過ごし防止という意味で目的地の駅を指定しておき、その場所に近づくと通知してもらうようにセットしておく等が有用だと思います。

【操作方法】
 操作方法は一度使えば慣れてしまいますが、最初はよくわからないと思いますので説明します。

 MDAアプリを起動し、まずピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで位置を移動させながら目的地が載っているマップを表示するようにします。

 その後画面下部の一番左にあるSet Pinボタンをタップします。


 「Set Pin」ボタンをタップするとボタンの表示が変わりますが、その時にマップ上で任意にピンをさせる状態になっていますので、画面上をタップしてピンをさします。この時マップ上ではピンとさすことしかできないので、目的地はきちんと決めておく必要があります。

 ピンをさし終わったら、画面下部の左にある「go Map」ボタンをタップします。


 「go Map」ボタンをタップすると、また「Set Pin」の表示にボタンが変わりますが、ここは触らずに、マップ上にあるピンをタップします。

 ピンとタップするとUntitledの文字と右矢印のアイコンが表示されます。ここで右矢印のアイコンをタップすると画面が切り替わります。


 切り替わった画面では、Untitledになっている名前の部分をタップすると名前を変更できます(日本語も可能です)。

 「Add Bookmark」をタップすると、この情報はブックマークに保存され、後から呼び出すことが可能です。

 「Create Alert」をタップすると、この場所に近づいた時に通知してくれる設定が完了します。

 「Setting」は誤差の範囲指定でデフォルトは10メートルになっていますが自分で調整することが可能です。

【ブックマークからの呼び出し】

 複数の通知場所をブックマークに登録している時の呼び出しは、マップが表示されている画面の上部右の本を開いたようなアイコンをタップすることで呼び出すことができます。この時、目的地を指定する場合は、名前のところをタップして、画面下にある「Decide」ボタンで確定します。また削除したい場合は名前をタップして画面上の「Delete」をタップすれば削除できます。

【通知について】

 目的地に着いた時には通知を行ってくれます。さすがにiPhoneの電源をオフにしておくとできませんが、スリープ状態であれば、ちゃんと通知してくれますし、通知センターにもちゃんと表示されます。
 この画面でMDAのアイコンをスワイプさせるとMDAのアプリを表示してくれます。
 通知に関しては、バイブレーション、メッセージ、(マナーモード以外では音楽)で通知してくれます。
 電話で話している時や、2G/3Gのインターネット接続ができない場合でも大丈夫だそうです。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る