LINEで送る
Pocket

 11月になりもうそろそろ年末の準備などしなくてはならない時期がやってきました。年賀状の準備は毎年年末ギリギリに半日?1日がかりで作業していましたが、年賀状を作り始めると時間がかなりかかります。本当に重要なところは一筆添えるところだけなのですが、デザインやらいろんな細部にこだわりだしたりします。今回はちょっと楽をしたいと思い、このアプリから注文しようと思っています。どうしてもこういうプリント年賀状だと写真が無いといけないような感じに思われるかもしれませんが、今回のデザインの中には写真が不要のものもあります。とにかく年末さしせまってドタバタするよりも先に全部済ませて新年を迎える方が良いですよね。

サポートサイトは下記になります。
ネットプリント ジャパン | 年賀状、デジカメプリント、写真現像激安サイト
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
50円年賀状 – NETPRINT JAPAN CO., LTD.


 今年の50円年賀状の特徴としては、全デザイン自由挨拶文対応、安心の後払い決済(コンビニ/銀行/郵便局)、高性能色調補正プログラム&最新印刷機を新規導入で品質大幅アップ、そして今年はデザインに自信アリ!スタイリッシュから「辰ッ!」なものまでご用意ということで実際にデザインをいろいろ見てましたが、どれも良い感じで正直どのデザインにするか迷うくらいの量と質です。
 そして今年も、もちろん業界最安値で、画像のトリミング自由自在、写真を多く使っても同一料金、送料もメール便90円から選択可ということで良いところは残してくれています。

 アプリの操作もいたってシンプルで、iPhoneから簡単に操作できます。iPhoneのカメラの質も上がってきたのでぜひiPhoneで撮った写真で年賀状作成にチャレンジしてみてください。

 操作の流れは、画面上を見るとすぐにわかるようになっています。

 一般から選択すると年賀状のテンプレートになります。そしてデザインのテンプレートも種類豊富です。括弧の中はそのテンプレート数です。

 デザインはここではほんの一部ですが、写真のいらないタイプもあります。写真はテンプレートの中をタップすることでiPhoneの写真アルバムの中にある写真を選択することができます。


 そしてアプリから作業しているとどうしても中断しなくてはならないこともありますが、そんな時も安心です。アプリを終了しても次回起動時には、続きから作業ができるようになっています。

 そして差出人情報も自分以外に6名の名前を追記できますし、お子さんだったら年齢や、配偶者の方であれば旧姓も入れれるようになっています。電話番号も3つまで入力できます。あいさつ文も3行まで入力できます。

 年賀状を送った相手と来年話す機会があったら、あれiPhoneで作成したと言うと話がまた盛り上がるかもしれませんね。