Squara : レンズ切り替えで様々な写真が撮れるマシカク写真撮影アプリ!エフェクト満載!自分で作ったエフェクトで楽しめる!

 機能豊富なマシカク写真撮影アプリが登場です。単にマシカクの写真が撮れてエフェクトがかけれるだけではありません。撮影時には露出とフォーカスを別々に指定でき、ホワイトバランスのロックもあります。またエフェクトは19種類に調整5種類、フレーム12種類、ライトリーク11種類と全パターン試すのにも時間がかかりそうですが、お気に入りのパターンが見つけると自分のエフェクトとして登録までできます。そしてInstagramや他の写真アプリにもこのアプリから送ることもできるので非常に便利です。マシカク写真だけを撮るならこれだけあれば良いと思えるアプリです。

サポートサイトは下記になります。
● Squara
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
Squara – misskiwi

 シャッターボタンは画面下部の真ん中にあり、ボタンも大きめなので押しやすいです。ファインダーのグリッド表示も見やすいです。画面上部にはイン・アウトのカメラ切替、ホワイトバランスのロック・ロック解除の切替、シャッター音の有り/シャッター音の無音の切替、フラッシュのON/OFF/AUTOの切替ボタンになっています。なお無音にした時にはフラッシュは使えないようになっています。
 シャッターボタンの上には最大6倍までズームできるスライダーがあり、その左側は写真アルバムからの写真の取込用アイコンがあります。
 撮影アプリと書きましたが、写真アルバムからの取込もできるようになっています(但しサイズが600×600に小さくなるという制限がありますがInstagramには使えるサイズです)。シャッターボタンの左側にはカメラのレンズを切り替えるアイコン、右側は設定画面を開くアイコンが配置されています。
 なおファインダー上で、タップをするとタップした場所がフォーカス固定(四角いマークが表示)、ダブルタップをするとダブルタップの場所が露出固定(丸いマークが表示)となります。トリプルタップで最初の自動に戻るようになっています。

 撮影時の設定で切替ができるものとしてレンズがあります。シャッターボタンの左側にあるアイコンをタップするとレンズが表示されます。これは左右にスライド(スワイプ)させると変更できます。変更したら画面右上の×をタップすると切り替わります。レンズの形を見るとその特徴が分かるかもしれませんが1枚以外に2×2,1×3,3×3,2重露光,ピンホールとあります。2重露光は2枚シャッターが切れ合成されます。ピンホールはシャッター音は鳴らずにしばらくレンズを開放している状態で動きのある写真だと面白いかもしれません。これらはどれも正方形の写真に仕上がります。

 写真のサイズについては、設定で「高画質写真でセーブ」をオンにしておくと、通常シャッター音のある場合は2448×2448pxのサイズになります。無音モードで撮影すると1080×1080pxになります。またPinholeレンズ使用時にもサイズが小さくなりますがこれも1080×1080pxです。写真アルバムからの取込に関しては1280×1280pxになります。
 「高画質写真でセーブ」をオフにしておくと、どの場合でも612×612pxでInstagramのサイズになります。

 写真を撮影するとEdit Photoに移ります。連写でバシバシ撮りたいんだという人もいるかもしれません。そういう時は標準のカメラで撮って保存しておく方法や、このアプリ内で気に入ったエフェクトを登録できるのでそこからすぐ呼び出して保存する方法や、iPhoneを振ってランダム効果を楽しむということもできます。
 Edit Photoでは画面下部にEffects,Adjust,Borders,LightLeaksの4つが自由に変えられるエフェクトの部分でそれぞれ、左右にスライド(スワイプ)しても次々切り替わりますし、写真の右側にある小さいアイコンの一番上の部分をタップすると一覧で表示されるのでそこから切り替える事も可能です。写真の右側の小さいアイコンは他に回転や反転、ぼかしの選択(全7種類)、ランダムエフェクトになります。なお画面の右上の×をタップするとカメラの画面に戻ります。左上のアイコンはエフェクトを登録できるアイコンでこれは後述します。

 4種類のエフェクト(Effects,Adjust,Borders,LightLeaks)をいろいろ変えて自分のお気に入りのエフェクトができた場合は、Edit Photoの画面の左上にあるアイコンをタップしてみましょう。更に画面左上にある+アイコンをタップすると今エフェクトをかけた状態をプリセットとして登録できます。プリセットの名前は自分で付ける必要があります。そして名付けたプリセットは、次回からこの画面を開いてタップすればすぐ反映されます。プリセットを削除したい場合は、プリセットの右側にあるゴミ箱をタップすれば削除できます。

 写真が完成したらSaveで保存もできますが、ShareをタップするとTwitterやメールで投稿の他に別のアプリに写真データを渡すことができます。
 「Open in Instagram App」をタップするとこのアプリは終了し、Instagramに切り替わり、Instagramに簡単に投稿できます。そして「Opne in Another App」をタップすると別のアプリに渡すことができます。(対応しているアプリですがCamera+やEvernote,Dropbox,GoodReader,PictShare,Color Splash,
FilterStorm,Picfx,Photogene2,Lo-mob,MagicHour,Halftone,Simply HDR,他に印刷系アプリなど確認できました。PhotoUpLinkとは違うようです)

 設定画面では、グリッド表示のオン/オフ、高画質写真で保存のオン/オフ、振ってランダムエフェクトのオン/オフ、セーブ時に元の写真も保存オン/オフ、そしてカメラ自体の画面には3種類のスキンがあり、切り替えるとカメラの画面が変わるようになっています。

 なかなか高機能なカメラアプリですが、レンズのスクリーンショット見ててどこかで見たなと思ったら開発元はこのブログでも何度か紹介しているカメラアプリのClassicシリーズを作っているところでした。
 既に出しているカメラアプリの集大成的なアプリの感じがしました。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る