見せたくなる風景が撮れる本 : iPhoneで撮った写真をどうアプリで加工して綺麗に見せるかを書いた本アプリです!

 iPhoneで撮った写真をそのまま写真として保存するのも良いのですが、iPhoneには写真アプリが非常に多くあり、その写真アプリを活用して、FlickrやInstagramなどの写真共有サイトに公開して、もっとiPhone写真を楽しみましょうというコンセプトで作成された本アプリです。週刊ファミ通などでおなじみのエンターブレイン様からお声をいただき、iPhoneographerである私自身がいろんなテクニックやアプリの使い方などを書いています。中には海外で展示されたiPhone写真の作成方法なども堂々と載せています。このブログではiPhoneで撮った写真シリーズをエントリーしていますが、それよりもはるかに時間をかけてアプリの使い方からどのエフェクトを使用したかまで書いています。また元の写真も載せていますのでどれだけ変わるかということも確認できます。iPhoneで写真を撮る方に見てもらいたい本アプリです。なお今回は一番よく撮るのではないかと思う風景に絞って写真を選んでいます。

サポートサイトは下記になります。
カスタマーサポート | お問い合わせ | 株式会社エンターブレイン
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
見せたくなる風景が撮れる本 – ENTERBRAIN,INC.

 iPhone版/iPad版両方で使えるユニバーサルアプリになっています。

 こちらは開発をしてくださった大日本印刷様の記事です。
マルチデバイス対応のデジタル雑誌制作サービスを開始 | DNP 大日本印刷株式会社
 こちらは取り仕切ってくれたエンターブレイン様の記事です。
『見せたくなる風景が撮れる本』カメラアプリの使い方を学べる教則アプリ 諸君、カッコいい写真は立派なモテツールだ! – ファミ通App


 この見せたくなる風景が撮れる本(略して、見せ撮れ)は、アプリですが、本のアプリです。最初に表示される表紙は、ついタップしたくなるアイコンが並んでいますが、タップしても何も起こりません(笑) 画面右側をタップ(またはスワイプ)するとページが変わります。また画面右下にMENUと書かれた所がありますが、これはページの移動などに使用します。

 通常の本ならば表紙の次は目次ですが、ここではアプリの操作方法に関して書かれています。目次はMENUボタンをタップして画面下に表示されているContentsをタップすると表示できます。ページ内では上下にスワイプで移動できます。

 コンテンツとして今回用意させていただいた風景写真は全部で20枚になります。使用写真アプリも20個以上使用しています。各コンテンツでは+マークのアイコンがある写真ではタップすると画面いっぱいに表示するようになっていますし、横向きにも対応しています。

 各コンテンツでは写真作成に使用したアプリの紹介(アプリをタップすると更に写真サンプルと詳細やオススメフィルターを表示します)、使用方法、そして元写真との比較ができるようになっています。

 画面右下のMENUをタップすると上下にメニューが表示され、画面右上には歯車のアイコンとしおりのアイコンが表示されます。歯車のアイコンはタップすると明るさやフォントの大きさを変更することができます。
 しおりに関しては、読んでいるところ、後から読むところをしおりとしてタップしておくと、後から簡単にそのページにジャンプすることができるようになっています。

 こういう種類の本がなかなか出ないということもあり、iPhoneの写真をもっと広めたいということでお声をいただき、執筆させていただきました。この本アプリがiPhone写真の楽しさにつながれば幸いです。そして今回いろいろなカメラ・写真加工アプリを使わせていただきましたが、開発者の方にも感謝しています。

 またすでにアプリのレビューを書いてくださっている方ありがとうございます。
iPhoneカメラの楽しさを再認識できる書籍アプリ「見せたくなる風景が撮れる本」 – iPhoneとiMacと自分と…
見せたくなる風景が撮れる本 | K’s Blog
見せたくなる風景が撮れる本−使用アプリや操作方法まで徹底解説!有名iPhoneographerが教えるカッコいい写真を加工するための実践ガイドブック | IG Fan
石橋を叩いて壊すオトコ: 【iOS】見せたくなる風景が撮れる本:iPhoneで写真を撮るなら読んで損はなし
見せたくなる風景が撮れる本|【iPad+】アプリを使ってもっと素敵な写真を撮りたい!そんな人に超オススメしたいハウツー本。 | iPhone女史
[iPhone, iPad] 見せたくなる風景が撮れる本: まさにiPhone写真の教科書! – AppBank
ARCHさんの電子書籍「見せたくなる風景が撮れる本」は絶好のiPhoneography入門書だ – stiloの25時間目
iPhoneアプリ/iPadアプリを探すならmeet i [ミートアイ] | iPhone情報ポータルサイト

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る