LINEで送る
Pocket

 今回は、スーパーウルトラシンプルな録画カメラアプリの紹介です。動画を撮る時には通常、標準のカメラであればカメラをタップして、写真を撮るようになっていたら動画に切り替えてスタートをタップして撮り始めます。普通の録画アプリでもアプリを起動して、スタートをタップして動画を撮り始めます。今回紹介するアプリはそれよりも簡単な操作で動画が撮れるアプリになります。私は時々、カメラで写真を撮る時に動画の切替スイッチを誤ってタップしてしまって気付いたら動画を撮ってたということがあるのですが、今回のアプリを使うとそれが無くなります。シンプルイズベストなアプリです。しかも無料です。

サポートサイトは下記になります。
● Transhacker (transhacker) – Twitter
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
ワンタッチビデオ録画 – iREC – Sangwon Park

iPad/iPhone両方で動作するユニバーサルアプリになっています。

 これは、私のカメラ関連のページのスクリーンショットの一部の画面ですが、カメラの近くにiRECを置いています。このアプリ、実は起動するとすぐ録画が開始されるアプリなのです。切替やスタートボタンもありません。ホーム画面からタップして起動したらすぐ録画が開始されます。
 なので標準のカメラでは録画は行わず写真のみに専念してもらい、動画を撮るのはiRECから撮るというようにしました。標準カメラの切替よりもはるかに楽です。そしてホームボタンをタップしてアプリを終了すると、カメラロールにそれまで録画していた動画が保存されます。タップとホームボタンだけの操作で動画が簡単に撮れてしまいます。

 しかしながらいきなり録画開始しても最初にフォーカス調整などが動いて嫌だという場合もあるかもしれません。このアプリは起動してすぐ録画もできますが、途中で止めて再度録画開始も可能になっています。

 この画面はiRECアプリをホーム画面からタップして起動した直後のスクリーンショットです。カメラの向きはiPhoneを縦にして起動すると縦長の動画になりますが、iPhoneを横向きにしてアプリを起動すると横長の動画を撮る事ができます。
 なお録画中の操作としては左下にあるフラッシュの点灯と右下にある時間のカウンターをタップすると可能になる停止と開始です。録画の停止中はカメラをインカメラ・アウトカメラの切替が可能になっています。

 画面右下の時間のカウンター部分をタップすると、それまで録画していた所を中止し、それまで撮った動画を削除するか保存するかを選択できます。
 アプリをタップして起動した時に出るフォーカス調整が嫌な場合は、一旦停止して削除してから開始すると良いと思います。開始は同じ右下のところをタップしてあげれば新しく録画を再開してくれます。

 このスクリーンショットは録画が止まっている時の状態です。画面右上にカメラの切替アイコンが表示されています。ここをタップするとインカメラ・アウトカメラの切替が可能です。
 再度録画を開始するときは、画面右下の部分をタップすると録画が再開されます。
 非常にシンプルな録画カメラアプリです。