LINEで送る
Pocket

食べるものを写真に撮って、あとからその写真を見返したりすることがあるかもしれません。今回はそんな食べ物写真を通してのソーシャルネットワーキング的なアプリの紹介です。食べ物を通していろんな人とコミュニケーションも取れます。またその食べ物が外で食べられることのできる情報も分かれば、自分のための情報管理アプリにもなります。気軽に自分の撮った写真をアップロードして楽しんでみてはいかがでしょうか。食べる時にはやはり食べることが第一で写真で加工などは後からと思うかもしれませんが、このアプリでは撮ってすぐにすばやく加工できるエフェクトも備わっています。

サポートサイトは下記になります。
miil
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
ミイル miil (毎日の手料理や外食の写真を魔法のカメラでおいしく加工、かんたん食事日記。カレンダー表示でダイエット!Facebook/Twitter/LINEにも投稿できる無料のグルメ写真アプリ) – FrogApps, Inc.

 写真の共有ということでは有名なInstagramですが、これは写真がメインで付属情報として場所を指定することはできるものの食べ物に特化しているわけではないので少し情報に乏しいところがあります。Instagramで食べ物の写真を見た時においしそうであればどこで食べれるんだろうと思うことがしばしばあります。また情報だけメインということになると30min.のアプリが便利ですが、写真よりも情報が中心で個人で楽しむ感じです。このmiilはその中間に位置している気がします。より多くの人と食べ物を中心に会話もできるアプリです。最初にこのアプリを使用する場合はユーザー登録が必要ですが、名前とメールアドレスだけあれば大丈夫です。
 アプリで食べ物の写真を見る画面では写真が中心で、他人の写真に「いいね!」の代わりに「食べたい!」を付加することができます。写真の下にはその食べ物を食べた場所が記録され、タップするとマップ表示が可能です。そして更に気になったりおいしそうであればコメント欄を利用していろいろ書き込むことも可能です。
 画面下のメニューでは切替が可能で、フォローしている人の写真が見れる「フォロー」、人気のある食べ物写真を表示する「HOT」、中央には起動して写真を撮るためのカメラ、近所でmiilにアップロードされている写真を表示してくれる「近所」、そしてマイページになります。

 食べ物の写真の写っている下に、店名が書かれている場合にはそこをタップすると更に詳しい情報が表示されます。そこから更に住所部分をタップするとマップ表示が可能です。そして電話もかけることができますし、そこから更に店の情報をアプリ内部から検索することができます。
 また困るところとして店の情報が間違っている時には、画面の歯車アイコンをタップすると修正を依頼することも可能です。

 ここまでは見る方が中心でしたが、ここからは入力する方になります。入力する時にもいろいろ工夫されているところがあります。
 画面下の中央にカメラがあり、タップするとカメラが起動されます。カメラではマシカク写真を撮ってmiilにアップロードすることになりますが元の写真もカメラロールに保存されます。
 このカメラではグリッド表示で撮りやすく、且つ、フォーカスと露出を別々に指定して写真を撮ることができます。画面上をシングルタップでフォーカスの指定、ダブルタップで露出の指定をすることができます。ここで画面下中央のシャッターボタンをタップすると写真が撮れます。またすでに写真アルバムの中に撮っている写真がある場合は、画面下の右にあるアイコンをタップし、そこから読み込んでくることも可能です。
 写真を撮る(または取り込む)とエフェクトの画面になります。画面中央にある丸いアイコンを移動させて色温度などを変更させます。写真にはすぐその効果が反映されるのでわかりやすいです。おいしそうに見える調整が可能です。そしてエフェクトが終わったら、画面上の右にある矢印アイコンをタップして詳細を書きます。ジャンルやお店は選択式です。お店に関しては情報をネットから収集するのでインターネットが使える場所で行う必要があります。情報は非公開にすることも可能です。またTwitterやFacebookとも連携させることが可能です。

 個人的には、食べ物を注文して来る間に、ジャンルやお店情報を入れておきたいところですが、miilではまず写真を選択する必要があります。ここは改善して欲しいなと思うところです。

 マイページでは、今まで自分が撮った食べ物の写真を見ることもできますし、自分が他の人の食べ物の写真を見て「食べたい!」を選択したものも見ることができます。Twitterのようなフォロー、フォロワーというのがmiilの中でもあり、そこから友達を誘ったりすることも可能です。友達が簡単に分からない場合は、「ユーザを探す」からmiilの中、TwitterやFacebookからも探すことが可能です。

 年末年始といろんな食べ物を食べる機会が多いと思います。miilで食べ物を写真を撮って共有して楽しんでみるのはいかがでしょうか?注意としては、夜中にmiilを起動して見てしまうとお腹が減ります。