支出管理 : 支出だけを記録するお金管理。入力が簡単そしてグラフ機能満載なので長続きできるアプリです。

 いつも持ち歩いているiPhoneだからこそ使えるアプリというのはあると思います。今回紹介するアプリは家計簿アプリ。と言っても厳密に収入と支出を管理するような家計簿ではなく、支出だけを記録し管理するアプリです。
 私はiPhoneでいろいろな家計簿アプリを試してきましたが行き着いたのが、このアプリになっています。もう1年使い続けていますが、その理由は、まず入力が簡単なこと。そして後で収入との帳尻合わせが不要なこと。支出の傾向を多様なグラフで確認できること。この3点が特にこのアプリを使い続けることができた理由だと思います。そして使ってみると分かりますが、収入を入れてしまうとどうしても正確さが必要になって最終的に財布の中身まで合ってないと気が済まなくなり、そういうことを考えると無駄に時間を費やしてしまいます。その分の時間を支出の傾向などを見る時間にあてればより効果的に消費に関して目が向けられるのではないでしょうか。家計簿をつける理由はどこにあるのかという点でこのアプリでは支出を記録し支出傾向や無駄を見るのに便利なアプリだと思います。またこのアプリには自動で毎月決まった日に支出するという機能はありません。おかげでお金の支出を自分で入力するので自分できちんと確認し入力できます。

サポートサイトは下記になります。
「支出管理」「スケッチ」「次にすること」「連絡先+」サポート
App Storeではファイナンスカテゴリにあります。
支出管理 – SHIBUYA Masanori

 ちなみに過去試してきた家計簿アプリのレビューはこちらになります。
iPhoneの家計簿アプリ3つ試用
iPhoneの家計簿アプリ 更に3つ試用

 画面は上部と下部に操作メニューがあります。中の表示に関しては1ヶ月単位でスクロールして参照することができますし、また項目をタップして編集(日付を変更したり金額の変更など)しなおすこともできます。一覧で表示されている下の部分に予算残高と今月の合計が表示されていますが、ここをタップすると、更に詳細情報として1日あたりの予算や1日あたりの平均支出、一日当たりの予算残高などが表示されます。タップするとまた元のサイズに戻ります。ここを見ると自分があと今月どのくらいのペースで支出すれば予算内に収まるのか確認することができます。
 画面上部の左のボタンをタップすると毎月の支出合計額が表示できます。そして入力に関しては画面上部の右の+ボタンをタップすることで入力画面に切り替わります。星のマークのアイコンはテンプレートの呼び出しでよく入力するような項目は登録しておくと便利です。
 入力は写真も使用することができ、カメラのアイコンをタップすると写真を撮るもしくは写真アルバムから取り込むことが可能です。入力する暇がない時にレシートだけ写真に撮っておき後で入力するというような使い方もできます。
 金額の入力は数字の部分をタップすると電卓機能の付いた数値入力画面が表示されますし、金額の下にあるスライダーでも入力することが可能になっています。

 入力の手順としては金額を入力してからカテゴリを選択し、支出項目名を入力します。支出項目名は1度入力すると2度目からは選択して選ぶことが可能になるので、最初は文字入力が必要ですが、2度目からは左の画面のようにタップだけで済むので簡単です。
 こういう支出で悩みどころは電子マネーの存在ですが、私は電子マネー自体を支出項目としてお金を払ったら電子マネーのところに支出を付けて、電子マネーで支払った時は記録しないようにしています。電子マネーで支払う時というのはだいたい急いでる時が多いのでレシートももらわないことが多く、後から思い出せないことも多いので先に電子マネーに支払ったとしておくようにしています。
 そして支出項目以外にはスクロールすると表示されますが、タグを付けたり、メモを付けたりすることもできます。また入力した項目をテンプレートとすることも可能です。

そして見る楽しさがあるのがグラフの機能です。全部で4種類のグラフが表示できます。日別の推移、分類別の内訳、分類別の状態、そして月別の推移になります。前3つは1月内になりますが、月の移動は画面下の矢印ボタンで移動できます。月別の推移では全体だけでなく、カテゴリごとの推移も見ることが可能です。これからのグラフを見ているとどのくらい支出しているのかというのが一目瞭然で分かります。また予算線も表示されているので更にわかりやすいです。

 そして表では、グラフ表示とは異なり、数値で表示されているので更に詳細に見ていくことができます。予算を超えたところは赤字になっていますし、支出合計だけでなく、画面上部の切替ボタンで、予算残高、予算、タグ各々、表を切り替えて表示してくれます。なかなか家計簿アプリで表として見せてくれるものが無かったので、これはExcelを見ているようで重宝します。ただ、このデータをアプリだけで見るのではなく、メールでCSVファイルを月ごとに添付して送る機能もありますし、Googleドキュメントに保存することも可能になっています。アプリだけでも完結しそうですが、Mac/PCでも支出管理データを使うことが可能になっています。

 そして次に検索です。これもよくできていて、私の場合年末の医療控除などが気になるところなのですが、このアプリを使っていると簡単に医療費控除できるかどうかも確認できます。検索の指定も細かい指定ができます。まず日付の期間ですが、指定する際には年月日が指定できるので年をまたいだ検索もできます。金額は最低額と最高額の指定、分類ではカテゴリの指定(複数カテゴリ指定も可能)、支出項目名、タグ、メモが検索の条件に指定できます。医療費などはカテゴリを指定して範囲を1年にしてあげれば医療控除が可能かどうか検索結果の合計金額を表示してくれるので、簡単に確認することができます。

 設定では、予算の管理や、タグやテンプレートの設定、毎月の開始日、操作設定、設定を初期化、メール送信、Googleドキュメントへの保存などが行えます。予算では毎月決まった額を指定しますが、やはり予算を見直したり、ある月だけ支出が多くなったり少なったりすることはあると思います。その時のために月別予算も設定できるようになっています。Googleドキュメントではインポート、エクスポートが可能です。

 設定の中の全般では、アプリ起動時にパスワードを入力しないと起動できないパスコードロックや月の開始日(1?31日)指定、金額の少数表示、予算との対比やクリック音の設定が可能になっています。

 設定の中の操作と表示に関しては、更に細かい指定ができるようになっています。自分の使いやすいようにカスタマイズできるのは便利です。

 今年から家計簿を始めてみようという方もいらっしゃると思いますが、毎月予算を決めてその中で支出を管理するという方法も一つのお金管理だと思います。グラフの機能も豊富なので楽しみながら記録できるアプリとしてどうでしょうか。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る