LINEで送る
Pocket

 TapCalは昨年から使い始めて、その見やすさから私にとっては常に見るカレンダーアプリとなりました。しかしながらまだ入力に関しては、テンプレート機能などがあるWeek Calendarに分があるものの機能改善、新機能追加を問題なく行ってくれるところが気に入っています。また今回のアップデートでは日本人にはうれしい六曜表示が追加されました。これで更に見るカレンダーとしては私にとって不動のアプリとなっています。

サポートサイトは下記になります。
TapCal | Googleカレンダー同期対応 iPhoneカレンダーアプリ
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
TapCal (sync with Google Calendar™) – Groupnet Corporation

 これが新しく表示されるようになった六曜表示で、日にちの横に表示されるようになっています。一目で月の表示から六曜を確認することができます。意外と六曜表示が無いのでなかなか他のカレンダーアプリに移行できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、Googleカレンダーを使わなくてもアプリ内の標準でサポートしてくれるのはうれしいところです。

 設定は最初は非表示になっているので、設定からカレンダー全般の設定を選択して表示された画面の一番下「六曜を表示する」をオンにすると表示できるようになります。またこの六曜は月表示と日表示で表示できます。

 他には、ローカル通知のデフォルト設定機能が追加されています。予定を入力さいの手間を減らすテンプレート機能に近づいてきていますが、まだあと少しという感じですが、それでも入力の手間が減るのがありがたい機能です。
 数字の単位は0から299までで単位は、分・時間・日・週刊の組み合わせで設定することができるようになっています。

 更に、Googleカレンダーと直接同期している方(iOSカレンダーを使用していない方)になりますが、Googleカレンダーでポップアップを設定しているとローカル通知の設定がダブってしまうこともあるかもしれません。その対策としてGoogleポップアップ通知とTapCalのローカル通知の同期機能が追加されました。
 これは地味に便利だと思います。設定からGoogle同期設定を選択し「ローカル通知同期」をオンにします。

 その他にiOSカレンダーに種別の情報を追加、iOSカレンダーの色設定を引き継ぐように改善されていたります。他にもバグ修正もかなり行われていて、より快適に使えるようになったと思います。