LINEで送る
Pocket

 Gadget Girlさんの記事を見て、一目ぼれしたトイデジタル8mmムービーのBEEを購入しました。先日の写真展で初めて使う機会があり、動画も撮影してきました。
8mmビデオみたいな見た目で本当にレトロ動画が撮れちゃうトイデジ “Bee” – Gadget Girl

 このトイデジを見た時に、まず外見が気に入って、その後、撮っている動画を見てから購入を決めました。トイデジというと静止画が先というイメージが強いのですが、このカメラは動画が先に撮れ、ついでに静止画も撮れるというコンセプトが良かったです。
 付属品はUSBケーブルとストラップで、microSDカードは入っていません。また電池はなくバッテリー式で、付属のUSBケーブルで充電します。操作も簡単で、カメラを持って、自分側にあるボタンが1つ。これはON/OFFスイッチとON状態の時に動画/静止画を切り替えるボタンになります。反対側にあるボタンはシャッターボタンで、動画を撮る際には、1回押すと撮影開始、もう1回押すと停止でその間の動画がSDカードに保存されるという形になります。思ったよりも大きく、ちゃんと持てるので、iPhoneで写真を撮りながら、動画を撮りたい時はこれで撮るという楽しみも増えました。動画自体は音声も内蔵しているマイクで拾ってくれます。そしてうれしいことにWINDOWS / MAC 対応です。そのままUSBケーブルに接続すればマウントされます。またmicroSDカードを抜いてメディアリーダーでも読み込むことも可能です。

bee – Toy digital 8mm movie!

 その他の仕様としては、満充電での使用時間は約100分です。microSDカード2GBの場合、ムービーだと、約45分、写真だと約 10,000 枚保存できます。動画解像度は、640×480の30fPs (ノイズ入り音声つき)、静止画解像度は1280×960。ISOは100であまり手ブレには強くないところが注意ですね。そして三脚穴もちゃんとあるので、動画を撮る時に固定するのにも便利です

 実際に撮影したのは、屋外と屋内で、少し早く動かしたりすると追いつかない感じですが、ゆっくりとした動画を撮る分には問題はなさそうです。

 上着のポケットにも入る大きさなので、気軽に持ち歩けるのも良いと思いました。動画しかおそらく撮らないと思いますが、そういう意味だと固定させておく方が良さそうです。色は黒と白の2色があります。

Bee Toy digital 8mm movie black
Bee Toy digital 8mm movie black
メーカー:Fuuvi
参考価格:¥4,830
価格:¥4,830