LINEで送る
Pocket

 iPhoneで写真を撮る時に困る事の一つとして、天気のいい時に人が歩いてる町の風景を撮る時だったりします。iPhoneの標準カメラではHDRをオンにするとはっきり撮れるのですが、動いているモノに対しては1度に写真を3枚撮るのでグチャグチャになることがあります。HDRをオフにしていると、空にフォーカス・露出を合わせると下の町の風景が暗くなり、下の町の風景に合わせると今度は空が白飛びして雲なんかあっても真っ白ということもあると思います。そんな時に役立つのが今回紹介するアプリです。

サポートサイトは下記になります。
ACDSee Camera Flash | ACDSee Apps
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Instaflash – フォトエディタ – Anlei Technology Inc.

 なおこのアプリはiPhone/iPad両方でそのまま使うことができるユニバーサルアプリになっています。

 空がきれいで、普通に撮った写真がコレです。今回はこの写真でアプリを使ってみます。この日は非常に天気のいい日でしたが、下の部分が若干暗くなってしまっています。

 アプリの操作自体は非常に簡単です。アプリを起動すると、写真を撮影して取り込むか写真アルバムから取り込むかを選択してから、操作が可能になります。取り込むと画面が変わり、写真と画面の下にスライドバーが表示されます。このスライドを右に持って行くと明るくなっていきます。ただこの時明るくしていっても、白飛びを極力抑えて暗いところだけ明るくしていってくれているのが分かると思います。明るさ調整を非常に簡単にしてくれるアプリです。
 自分の気に入った感じに写真ができたら、そこで画面右上のボタンをタップして保存します。保存の際にサイズを聞かれます。Largeで保存するとオリジナルのサイズのまま保存してくれます。

 実際にこのACDSee Camera Flashで出来上がった写真がこちらになります。空も白飛びせず人が歩いている部分も明るくなりました。HDRで撮影するとどうしても何枚も重ねるので動きのある部分は変になったりするんですが、1枚からでは問題ありません。
 ACDSee Camera Flashの使用はここまでで、更にちょっと自然にしたい場合のテクニックをここで紹介します。

 使用するアプリは、Pro HDR [iTunes]です。なぜHDRなのという感じがしますが、写真を明るくしましたが、もうちょっと自然な仕上がりにしたいときにもこのアプリは使えます。このアプリは2枚の写真の暗くなった写真と明るくなった写真を組み合わせることができます。ここでは、最初の暗い写真とACDSee Camera Flashで明るくした写真を組み合わせて、よりくっきりな仕上がりの写真に仕上げます。

アプリを起動したら、画面右下にあるActionsボタンをタップし、メニューの中にある「HDR from Library」をタップします。
 写真アルバムが表示され、暗い写真と明るい写真を選択します。ここでの暗い写真は、iPhoneのカメラで撮影した写真で、明るい写真はACDSee Camera Flashで編集してLargeサイズで保存した写真です。

 2枚の写真を選択するとすぐに合成が行われます。結果を見て下にあるパラメータを調整しても構いませんが、触らなくても大丈夫です。出来上がったらSaveをタップして保存します。

完成した写真が、この写真になります。最初の写真、ACDSee Camera Flashから作った写真よりはっきりしていると思います。HDRっぽくないかもしれませんが、くっきりはっきりに仕上がったと思います。こういうコンビネーションもやってみると楽しいと思います。