LINEで送る
Pocket

 行った場所を記録(チェックイン)するサービスFoursquare。TwitterやFacebookとも連携でき、使っているユーザーも多いと思いますが、iPhoneアプリで不便なところをあえていうと、チェックインの時の店や場所を探すときの動作です。アプリを起動してチェックインをタップし、そこから店の一覧が表示されそこから目的の店を探してという操作になります。よく行く店でも更新や検索しないと見れなかったりするのは意外と外に居て操作するのも面倒です。今回紹介するアプリは、お気に入り登録など、すばやくチェックインを行う機能に特化した、公式アプリよりも便利なアプリです。チェックインをよく使っている方にはその効果が分かると思います。

サポートサイトは下記になります。
FastCheckin support site
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
FastCheckin – Kosuke Ogawa

 まずアプリを起動してもFoursquare公式アプリよりも起動が速いです。一番最初は位置情報を使うかどうかのメッセージが表示されるので、使うをタップして始めます。そのあとは、Foursquareへのログイン情報を入力するとこのアプリを使うことができるようになります。

 画面下の部分がメニューになっていて、切り替えて使うことができます。画面右上に人のマークのアイコンと鍵のマークのアイコンがありますが、これは公開するか非公開かの指定で、鍵マークのアイコンに切り替えると非公開で友人にも見られずにチェックインできます。
 この画面はお気に入り登録した画面ですが、画面左上の+マークのアイコンであらかじめよく行く場所ばど、登録しておくと、目的の場所に着いた時にいちいちアプリで検索しなくてもチェックインが可能です。近くの場所だけでなく検索して遠い場所も登録できるのでとても便利です。 公式アプリだとどうしても、起動と検索が遅くて、もうチェックインいいやってなったりすることがありますが、これなら速くて使いたくなります。

 画面下のメニューのHistoryは履歴表示で、過去にチェックインした場所を新しい順に表示してくれます。お気に入りにいれるところまででは無いものの、2日続けて行ったところなど簡単にこの画面からチェックインできます。チェックインはタップすればダイアログが表示されてすぐチェックインできるのも便利です。チェックインの際に写真を撮ったりする必要が無ければこのアプリだけで十分です。

 画面下のメニューのSearchは、画面一番上のキーワードを入れなければ、公式Foursquareと同様の動作で、近くのチェックインできる場所を表示してくれます。キーワードは現在地に関係なく遠い場所でも検索できるのは公式アプリと同じ動作です。お気に入りに入れていない場所や、履歴にない場所はこの検索画面か、もしくは次にあるMapからチェックインできます。

 画面下のメニューのMapはその名の通り、地図を表示してそこからチェックインができます。チェックインする店に入った後に、店の名前なんだっけと思うことがあるかもしれませんが、その時は地図を表示して見ながら確認してチェックインという使い方もできます。まさにチェックイン専用の便利アプリだと思います。そして起動が速いのがなんといってもうれしいところです。

 最後のSettingsは設定で、ダイアログを表示する際にニューバッジ取得、メイヤーが変わった時、メイヤー情報、スコアなどをチェックして表示することができます。シンプルだからこそ高速化でき、かつ目的がFoursquareのチェックインに特化しているのでFoursquareを使っている方にはお勧めのアプリです。

 公式アプリ自体はショップの探索やリスト、個人の情報を見るのに使って、チェックインはこのアプリで行うという形が一番しっくりきます。ただTwitterやFacebookとの連携が取れないので、そこもこのアプリからできると更に使用する人が増えるかもしれません。