LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリはPinterest(ピンタレスト)。写真や動画が中心のSNSです。Pin + Interestの造語のようですが、iPhoneアプリでこのPinterestが試せるということで始めてみたところ、あまりよくわからなくて似たサービスにTumblrがあるし、そんなに面白くないかなと思ったのが最初です。そしてアプリ自体削除しました。
 そして、たまたま見たPinterestを説明してるサイトを見て、実際にWebでやっているのを見て試してみたら、すごくおもしろくハマりました。というよりもこれは使える!と思いました。Tumblrとの違いとしては、Tumblrは写真や動画、テキスト、リンクなどが扱えますが、Pinterestは写真、動画のみ(各々に対してテキストは入力できます)。ただし写真や動画には提供元サイトのリンクが埋め込められます。Tumblrは人が提供したものをお気に入りにしたり、リブログすることができますが、それと同様にPinterestでもLikeでお気に入り、Repinでコピーを自分のところに持ってくるリブログのようなことができます。

サポートサイトは下記になります。
Pinterest / Help
App Storeではソーシャルネットワーキングカテゴリにあります。
Pinterest – Pinterest, Inc.

 アプリの説明をする前に、私が実際にWebサイトで見て再度ハマったサイトは下記になります。興味を持った方は見ることをおすすめします。
Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方を日本語解説 | 熊坂仁美.com
 そして他にも記事を書かれています。YouTubeを使ったわかりやすい説明です。
Pinterest(ピンタレスト)に登録するには? | 熊坂仁美.com


 私自身、感じたのはTumblrは見やすくするために個人でいろいろとテーマを変えたりしますが、Pinterestでは最初から見やすいような仕組みが出来ている点がよくできているなと思いました。Tumblrもタグでいろいろ種別を分けたりすることもできますが、Pinterestは初めから、Pinとboardがあり、自分で名前を付けたboardにPinを付けたものを入れていくということが視覚的にできます。

 そしてこれはあくまでも私の使い方になりますが、boardを用意して、何をするか。まず気になるものボードや欲しいものボード、写真公開ボード、ブログ公開ボード、読んだ本ボードなど自分に関連する興味のあるボードを用意し、そこにいろいろなWebサイトから取ってきたPin(Webサイトの中にある写真を使ってリンクを含めて)として保存しています。このPinにする方法に関してはブラウザ用のブックマークレットがありますし、URLだけ分かればPinを追加するときにURLを入力すれば画像を取ってきてくれます。ボードを非公開にすることはできませんが、ボードを自分だけでなく、友達と共有して収集するという方法が可能です。使い方としてはPinterestに自分の興味あるものを紹介していく使い方もできますし、紹介は面倒だから自分のボードに収集だけするというような使い方もできます。

 更にここはTumblrと違うところですが、人をフォローするのではなく人の持っているボードだけをフォローできるという点がTumblrと異なります。Tumblrでは人をフォローすると相手のものが全て見れますが、自分の興味がないものまで見ることになります。Pinterestでは、自分が興味ある部分(ボード)だけをフォローできるので、より自分に使いやすいように洗練され、雑誌を見るような感じで使うことができます。
 それと、Pinterestはあまり、人と人とでコミュニケーションというよりも写真や動画に対してコミュニケーションを取るということが強いです。Instagramだとフォローしている人が多ければ多いほど見られますが、これは少し違う感じです。どこで見つけたのかフォローもしていない海外の方からいきなりRepinされたりLikeされたりコメントされたりします。それは見え方が単に人気のあるポピュラーだけ表示されるだけでなくジャンル毎に分けられて表示されるところでしょう。自分の好みのジャンルから見つけてきてRepinしたりLikeしたり、非常に面白いと思います。
 更に米国ではすでに行われていますが、Pinterestと通販サイトの連携です。通販サイトの販売したいものをPinterestに流します。価格に応じて見ることもできるのが面白いです。私は早速Etsyのサイトのものを購入しました。国内でもPinterestを使った販促など出てくるとよりビジネスにもつながるのではないでしょうか。

 ここからはiPhoneアプリのPinterestの説明になります。アプリ自体は非常にコンパクトにまとめられています。
 Web版と異なるところとしてはiPhoneらしく、撮った写真をそのままPinterestにアップロードできるところです。撮った写真は場所やボードを指定して投稿できます。その際にTwitterやFacebookにも投稿できます。また人気のあった写真のポピュラー表示はありません。
 画面下がメニューになっており、Followingはフォローしているボードや人の写真が表示され上下のスクロールで次々見ることができます。気に入ったらLikeやRepinができます。そしてExploreではジャンル毎に写真などを見ることができます。ここでも気に入ったらLikeやRepinすることが可能です。Activityは自分に対してのニュースみたいなものでRepinされたりフォローされたりの情報が表示されます。Profileでは自分の情報が表示されます。

 そしてiPhone版でのブックマークレットもProfileから、画面左上にあるAccountボタンをタップすることで使うことが可能です。このブックマークレットを使うことで、Pinterestにない情報をPinterestに投稿することができます。

 私の場合、iPhoneアプリから見てしまったので、きれいなものばかりで面白くないと思っていたのですが、Webを見て全然違うものということを知りました。やってみるとどんどんハマっていくのが怖いところです。自分だけの写真集やカタログなど作ってみると面白いと思います。

 なお、このPinterestは今は招待制になっています。アプリをインストールしたら、招待を受け取るまで待つ必要があります。が、招待は行うことができます。Twitterの@favlifeをフォローしている方には、DMでメールアドレスを教えていただければ、1月末までの間に限り、人数に限りがある限り、Pinterestの招待メールを送らせていただきますのでお気軽に言ってください。(フォローしてくださった方は勧誘や宣伝、スパムなどではない限りフォローしています。)これからフォローする方にはこちらからもフォローするため時間がかかりますが可能です。よろしくお願いいたします。