LINEで送る
Pocket

 少し前にちょっとしたニュースになったToDoアプリが公開されました。斬新なデザインでその動画を見ている人を魅了したかもしれません。そのアプリを早速ダウンロードして使ってみました。今回はファーストインプレッションとして単に褒めまくるのではなく、きっちりダメ出しもしたいと思います。正直なところ、デザインと操作性だけが独創的で機能としては物足りないというのがこのアプリの感想です。絶賛するサイトもあるかもしれませんが、私の感想としてはデザインや操作性は良いですが機能としてはシンプルなToDo(このアプリのウリ)で他の有料ToDoアプリよりも機能的には劣っているのでイマイチでした。今後のアップデートに期待というところです。シンプルなToDo管理でデザインがかっこいいものを探していた方にはオススメなアプリです。

サポートサイトは下記になります。
Clear for iPhone – Breathtakingly-simple todos for iPhone and iPod touch
App Storeでは仕事効率化カテゴリにあります。
Clear – Realmac Software

紹介ムービーもあります。

 このClearはリストとアイテムという階層構造になっており、それを斬新なユーザーインターフェース(UI)で操作できます。リストの中にアイテムが複数あるという事になります。そしてリストも複数作ることができます。登録できるToDoの項目は文字のみで、時間や場所をセットしたりURLのリンクや電話番号を登録してもタップでリンク先に移動や電話をかけることができるなどの機能はありません。単に文字を入力するだけのアイテムになります。アイテムをタップしても文字入力を受け付けるだけです。
ToDoのリスト・アイテム共に順番を変更したい場合は、変更したい部分を長押しするとその部分が少し大きくなるのでその状態で、置きたい位置に移動させることができます。
リストの中に複数のアイテムがあった場合でもリストの画面から右にスライドさせてリスト自体を完了をさせるとその下のアイテムすべてが完了したと見なされます。

 リストをタップするとそのリストの中のアイテムが表示できます。ここでの操作は右側にスライドさせて完了(チェック)させるか、左側にスライドさせてアイテムを消すかの操作になります。あとはピンチイン操作で、リストに戻ることができますしピンチアウトと、画面を下にスライドさせて新しいアイテムを登録することができます。
 ここで完了した場合はアイテムは完了したということで文字が薄く残っていて再度左にスライドさせると未完了の状態に復活させることができますが、削除した場合は復活はできず表示から消えます。完了したアイテムは、画面を上に引っ張ると消去できます。

 基本的な操作としては、画面を下に引っ張る時に2段階の操作があり、少しだけ引っ張るとアイテムやリストの登録になり、更に引っ張るとより上位の画面に移行する操作になります。アイテムの場合はリストへ。リストの場合はメニュー画面へ移行できます。

 リストの画面を2本指でピンチインさせるか、下に引っ張って画面上にSwitch to Menuが表示されればメニュー画面に移行できます。ここでは画面のテーマやサウンド、バイブレーションアプリアイコンのバッジ表示の設定ができるようになっています。
 テーマは5種類ですが、TwitterクライアントのTweetbotをインストールしているとTweetbotというテーマが追加されます。

 このアプリ自体、単機能なので使うとしたら休日の時間の決まってない予定や毎回異なる買い物リストなどでしょうか。時間の決まったアラームなどは無いので仕事として使うには物足りません。また旅行とか行く際の忘れ物チェックなども1度書いたらまた再度未完了にする手間があるので面倒です。その時にもし間違えて消してしまったら元に戻りません。消してしまうのも注意表示なしに1回の操作でできてしまうのが怖いところです。このアプリ自体に欲しい機能があるとすればリストのコピー機能でしょうか。コピーさえできれば忘れ物リストなども簡単にコピーしておけて使えると思います。