LINEで送る
Pocket

 今回は、なかなか使えなさそうで使えるアプリの紹介です。アプリ名で最初に「おっ!」と思ったのもつかの間、全部手動かよと一人ツッコミができ、他にもツッコミ入れれる要素が満載のアプリです。しかしながらiPhoneを持っているとこういう場面は必ずあると思います。メモをとりあえず取りたいけど時間がない。写真撮っておこう。その後ノートなどにそのメモを書き写して使う。メールアドレスや電話番号、URLなどなどその場ではメモすることができないことがあると思います。そんな時に使えるアプリがこれです。

サポートサイトは下記になります。
YoneApp | iPhoneアプリ開発
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Full Manual OCR – tsuyoshi yonemoto

※流行るまで無料だそうです。


 アプリを起動すると必ずこの画面になります。途中作業中でもアプリを一旦終了してしまうとこの画面からになるので注意です。写真を撮るボタンがありますが、急いでる時はメモの写真だけ撮っておきたいもの。そんな時は標準カメラで高解像度で撮っておきましょう。そちらの方が速いです。そしてその写真をこのアプリで取り込みます。なぜ高解像度で撮っておくとよいかということですが、それはこのアプリ内では写真の拡大ができるのでテキストにするときに文字がつぶれて見えないと困ります。そういう意味でも起動の速いiPhoneのカメラで撮っておいた方が良いと思います。そして写真アルバム(カメラロール)から開くことができますが、これが一番最初の写真から表示されます。数枚しかカメラロールに保存されていないときは良いですが、何千枚もカメラロールにある場合にはかなりスクロールしないと新しく撮った写真を見つけることができません。

 そして写真を選択した後の画面です。上部に写真、下にテキスト入力エリアになります。上部の写真は移動やピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小ができるので、目的の文字を見つけたら見えるように合わせることができます。ただしここで問題が。テキスト入力部分が日本語の場合、推測文字が表示されるのでテキスト入力部分がすっぽり隠れてしまいます(これは次のバージョンで修正予定だそうです)。
 とりあえず日本語入力に関しては入力した文字が見えないので勘で入力する必要がありますが、英数字の場合は大丈夫です。そして写真を見ながら英数字を入力したら画面右下のDoneをタップします。

 Doneをタップするとテキスト入力した文字がコピーされます。このコピーされたものを別のアプリにペーストして使うというものになります。正直なところを言うと、ここで電話番号だったらそのまま電話がかけれて、メールアドレスだったらメールが送れて、URLだったらSafariが開いてという機能があれば申し分ないアプリですが、そこは全手動なのでありません。しかし急ぎで写真だけ撮っておいてあとでテキストにするのには便利なアプリだと思います。

 しかしもう一点、致命的な点もあります。Doneを押してコピーした後、再度Doneを押してしまうと・・・。空白がコピーされてそれまで入力していたテキストが無くなります。ここは改善して欲しいところなのですが、コピーしました。という文字と共にアプリを終了させる習慣をつけないといけないようです。
 アイデアは面白いので(以前も似たアプリはありました)、ぜひ改良を重ねて流行るアプリになって欲しいなと思いました。