iPhone/ iPad/ iPod touch(iOS 5.1)を無線LANでアップデート!iTunes10.6はPC/Macでアップデート!

 つい先ほどの記事ですが、いろんな新しい情報の中で特に新しいiPadの中でも内容が非常にボリュームが大きかったですが、すぐにできる(試せる)ものとしてはiOS 5.1があります。そしてその中にはiPhone 4Sユーザーに限られますが、日本語対応のSiriがあります。かなり遊べます。いや遊ぶだけではなく、使えるともっと楽しくなります。

iOS 5.1にアップデートできない方は以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。解決策ではないですが、一時的な回避策になります。
「iOS 5.1」にアップデートできない人はDNSに「8.8.8.8」を指定するとアップデートできる?! | ラシカル開発記

 早速iOSをアップデートしたいと思います。iOS5からは、もうPC/Macと接続しなくても無線LAN経由でアップデートできます。今回はPCと接続せずにやってみました。最寄りのソフトバンクショップなど無線LANのあるところで(もちろん自宅や仕事場で無線LANが使える環境があればそこで)やってみてはいかがでしょう。バグ修正も行われているのでそちらも重要です。

 PC/MacからiOSをアップデートする場合は、以下の記事を参照してみてください。
iPhone / iPod touch / iPadのOSをアップデートする方法

 iOS 5.1のアップデート内容に関しては以下のようになっています。


【iOS 5.1 ソフトウェアアップデート内容】

 このアップデートには、次のような機能向上とバグ修正が含まれています:
・Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
・フォトストリームから写真を削除できるようになりました
・iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
・カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
・iPad用のカメラAppを再設計しました
・iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
・iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
・再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
・KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
・バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
・発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました

 このアップデートのセキュリティ内容については、次のWebサイトを参照してください:
 http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


 それではアップデートしていきます。ここではiPhone 4Sを使っています。無線LANの環境のある場所で操作します。
 まず、iPhoneの設定から一般をタップします。一般の上から2番目にあるソフトウェアアップデートをタップします。そうするとiOS 5.1と表示されたアップデート情報があります。ここではすでにダウンロード済みになっていますが、無線LANにつなげた直後だとダウンロード中になっているかもしれません。
 ダウンロードが済んだ状態では、画面下にインストールの文字が表示されるので、そこをタップします。
 あとはしばらくiPhoneを放置です。再起動などを繰り返します。30分もかかりませんでしたがiOS 5.1のダウンロードなどを含めるともっとかかるかもしれません。自宅や仕事場などでは無い場合は、余裕のある時間に行ってください。


 アップデートが終わると、設定画面が表示されます。これはiPhone 4Sを購入した時に設定したものと同じですがSiriが使えます。
 最初は位置情報サービスの設定です。ここは個人の設定なのでどちらがいいとは言えませんが、私は位置情報サービスはオンにしています。そしてこの位置情報サービスの設定は、ここだけでなくiPhoneの設定 → 上から4番目の位置情報サービスをタップして変更できます。
 


 次はiPhone 4Sに限られますが、Siriの設定です。ここでSiriを使用にしても、あとで設定する必要があるかもしれません。これは後述します。Siriの使用に関しても同様に後から、iPhoneの設定 → 一般 → Siri から変更できます。


 以上で設定は完了です。画面下にある「iPhoneを使う」をタップすると今までの画面が表示されiOSのアップデートも終了です。

 Siriを使いたい場合は、iPhoneの設定 → 一般 → Siri をタップしてください。私の環境だけかもしれませんが、iOSをアップデートしただけではSiriは英語でしか対応してくれませんでした。
 
 ホームボタンを長押しするとSiriが立ち上がり、そこで声をかけると音声認識してくれます。
 そこで返事が英語で返ってくるようであれば、このiPhoneの設定 → 一般 → Siriから表示される画面から言語をタップし、日本語を選んでください。他にもし必要なら、自分の情報をタップして連絡先から自分の情報を登録することも可能です。

 以上でSiriの日本語版での操作が可能です。

 更にiTunesも10.6がリリースされています。
iTunesを起動し、画面上のメニューにあるヘルプから更新プログラムを確認を選択するとiTunes 10.6が表示されます。


【iTunes 10.6ソフトウェアアップデート内容】

 iTunes 10.6 では、1080p の高解像度(HD)の映画やテレビ番組を iTunes Store から再生する機能が追加されています。
このリリースでは、以下のような多数の iTunes Match の機能向上にも対応しています:
・曲のマッチング機能の向上
・アルバムアートワークの処理、ダウンロード、および表示の改善
・iCloud からの再生時に曲がスキップされる問題を解決
このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP を参照してください


 iTunes10.6もダウンロードが開始されれば、あとは再起動されるのを待つだけです。
 以上で今日リリースされたソフトウェアアップデートは終わりですが、先ほどの記事の中にも書かれていますがAppleのiPhone/iPadアプリが全部アップデートされていますのでそれもお忘れなく。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る