LINEで送る
Pocket

 先日のThe New iPad発表イベントで紹介されたiPhoto (for iPhone/iPad)。ランキング1位も速攻ゲットだったので使っている方も多いと思います。ただ価格も高い方なので躊躇する方もいると思います。私は出てから使っていますが、1度にレビュー書ける量じゃないなと思い、今回は一部のここがダメ。ここがすごい!部分だけ紹介します。まだダウンロードをしたけど使ってない方はモッタイナイのでぜひ使ってみてください。写真の編集が面白いです。その分逆に不要になるアプリが出てくる気がします。 褒め言葉としては、編集アプリ殺しなアプリです。

アプリの説明ページはこちらです。
アップル – アプリケーション – iPhotoで写真を編集して共有しよう。
サポートページは下記になります。
Apple – Support – iOS Apps – iPhoto
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
iPhoto – Apple

 iPhoto (for iPhonr/iPad)のここがダメなところ、ここがスゴイ!と思ったところをピックアップしてみます。


● iPhoto for iPhone / iPadのここがダメなところ。

 1) 対応デバイスが限定 … すでに動作する条件は公開されていますが、その条件がiPhone 4、iPhone 4S、iPad 2 Wi-Fi および iPad 2 Wi-Fi + 3G 互換iOS 5.1 以降が必要。とあります。つまりiPod touchやiPad(第一世代)やiPhone 3Gs/3Gは切捨てのような感じ。

 2) フォトライブラリのアップデートが多い&長い … ちょっと編集したいときにiPhotoを起動したら、フォトライブラリのアップデート中と表示されしばらく操作不能に。保存している写真の枚数が多いとそれだけ時間がかかるかもしれません。

 3) iPhoneでは辛い … AdobeのAdobe Photoshop Touch for phone [iTunes]は、(新しいiPadでも対応すると思いますが現時点では)iPad2専用です。多分編集機能が豊富なアプリはiPhoneではメニューが増え、アイコンも小さくなり見づらい&操作しづらいところも出てきます。iPad 2では操作しやすいです。

 4) まだ不安定 … iPhoneで使っていると時間のかかる処理の時によく落ちます。気付いたらホーム画面が表示されてたということがしばしば。


● iPhoto (for iPhone/iPad)のここがスゴイ!と思ったところ

 1) 自動補正 … ワンタッチだけで自動補正。他の編集アプリにもありますが、やはりあるとうれしい機能です。そしておっ!と思わせる写真にしてくれることが多かったです。

 2) 水平線がワンタッチで並行に … これはスペシャルイベントでも行われていましたが、非常に便利な機能。傾いてる写真はワンタッチで自動で地面と並行にしてくれます。水平線だけではなく、下のようなビルの写真でも行ってくれます。これは便利です。また自動調整は嫌だという人は指での操作、iPhoneを傾けての操作もできます。右のスクリーンショットは下の円の部分をタップしてiPhoneを傾けて角度を変更しているところです。

 3) いらない所は修復ブラシTouchRetouch作者は多分落ち込んでいることと思いますが(クオリティはTouchRetouchの方が上でした)、なぞったところの部分を消して、無かったことにしてくれる機能もあります。下の写真左側が元の写真で、右側が修復ブラシでなぞって消した写真です。サムネイルを見ればわかると思いますが、かなり拡大してます。

 あとは分かりづらかったところとして、編集済みという写真をどのように元に戻せばいいか分かりづらかったです。画面右下の歯車アイコンをタップして画面左上の「戻す」で戻せました。

 しかし、これだけの機能があって450円という価格は安いと思います。がバグはもうちょっと直して欲しいなと思いました。最大19メガピクセルの写真まで対応ということでiPad 2でも可能なのか試したいところですが、新しいiPadも欲しくなってきてます。

もっと詳しい情報が知りたい方はこちらの記事がiPad版ですがよく書かれています。
iOS版『iPhoto』はタッチデバイスを活かした高機能な画像管理・編集アプリだった iOS版『iPhoto』はタッチデバイスのを活かした高機能な画像管理・編集アプリだった | iPhone | iPad iPhone Wire