iPhoto : Appleの写真編集アプリ。編集アプリの頂点と言っても過言ではない機能の豊富さ。良い点・悪い点をピックアップ!

 先日のThe New iPad発表イベントで紹介されたiPhoto (for iPhone/iPad)。ランキング1位も速攻ゲットだったので使っている方も多いと思います。ただ価格も高い方なので躊躇する方もいると思います。私は出てから使っていますが、1度にレビュー書ける量じゃないなと思い、今回は一部のここがダメ。ここがすごい!部分だけ紹介します。まだダウンロードをしたけど使ってない方はモッタイナイのでぜひ使ってみてください。写真の編集が面白いです。その分逆に不要になるアプリが出てくる気がします。 褒め言葉としては、編集アプリ殺しなアプリです。

アプリの説明ページはこちらです。
アップル – アプリケーション – iPhotoで写真を編集して共有しよう。
サポートページは下記になります。
Apple – Support – iOS Apps – iPhoto
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
iPhoto – Apple

 iPhoto (for iPhonr/iPad)のここがダメなところ、ここがスゴイ!と思ったところをピックアップしてみます。


● iPhoto for iPhone / iPadのここがダメなところ。

 1) 対応デバイスが限定 … すでに動作する条件は公開されていますが、その条件がiPhone 4、iPhone 4S、iPad 2 Wi-Fi および iPad 2 Wi-Fi + 3G 互換iOS 5.1 以降が必要。とあります。つまりiPod touchやiPad(第一世代)やiPhone 3Gs/3Gは切捨てのような感じ。

 2) フォトライブラリのアップデートが多い&長い … ちょっと編集したいときにiPhotoを起動したら、フォトライブラリのアップデート中と表示されしばらく操作不能に。保存している写真の枚数が多いとそれだけ時間がかかるかもしれません。

 3) iPhoneでは辛い … AdobeのAdobe Photoshop Touch for phone [iTunes]は、(新しいiPadでも対応すると思いますが現時点では)iPad2専用です。多分編集機能が豊富なアプリはiPhoneではメニューが増え、アイコンも小さくなり見づらい&操作しづらいところも出てきます。iPad 2では操作しやすいです。

 4) まだ不安定 … iPhoneで使っていると時間のかかる処理の時によく落ちます。気付いたらホーム画面が表示されてたということがしばしば。


● iPhoto (for iPhone/iPad)のここがスゴイ!と思ったところ

 1) 自動補正 … ワンタッチだけで自動補正。他の編集アプリにもありますが、やはりあるとうれしい機能です。そしておっ!と思わせる写真にしてくれることが多かったです。

 2) 水平線がワンタッチで並行に … これはスペシャルイベントでも行われていましたが、非常に便利な機能。傾いてる写真はワンタッチで自動で地面と並行にしてくれます。水平線だけではなく、下のようなビルの写真でも行ってくれます。これは便利です。また自動調整は嫌だという人は指での操作、iPhoneを傾けての操作もできます。右のスクリーンショットは下の円の部分をタップしてiPhoneを傾けて角度を変更しているところです。

 3) いらない所は修復ブラシTouchRetouch作者は多分落ち込んでいることと思いますが(クオリティはTouchRetouchの方が上でした)、なぞったところの部分を消して、無かったことにしてくれる機能もあります。下の写真左側が元の写真で、右側が修復ブラシでなぞって消した写真です。サムネイルを見ればわかると思いますが、かなり拡大してます。

 あとは分かりづらかったところとして、編集済みという写真をどのように元に戻せばいいか分かりづらかったです。画面右下の歯車アイコンをタップして画面左上の「戻す」で戻せました。

 しかし、これだけの機能があって450円という価格は安いと思います。がバグはもうちょっと直して欲しいなと思いました。最大19メガピクセルの写真まで対応ということでiPad 2でも可能なのか試したいところですが、新しいiPadも欲しくなってきてます。

もっと詳しい情報が知りたい方はこちらの記事がiPad版ですがよく書かれています。
iOS版『iPhoto』はタッチデバイスを活かした高機能な画像管理・編集アプリだった iOS版『iPhoto』はタッチデバイスのを活かした高機能な画像管理・編集アプリだった | iPhone | iPad iPhone Wire

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る