LINEで送る
Pocket

 最近の食事の時のカメラアプリはこれを使っています。理由としてはその場で撮ってそのまま使える写真ができあがるという手軽さで、後から加工する手間が無いので重宝しています。確かに後から加工だとごちカメなどのアプリを使う方法もありますが、このアプリ自体にも後から編集できる機能も付いています。そして何もパラメータを触らなくても気に入った写真に出来上がるのが(特に食べ物の写真が)気に入っています。

サポートサイトは下記になります。
Qualipic Camera | モバイルアプリケーション | NORITSU
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Qualipic Camera [ powered by AccuSmart ] – Noritsu Koki Co.,Ltd.

 説明用の動画も公開されています。

 アプリを起動すると、すぐにカメラが起動します。初めて起動した時には位置情報を使用するかどうか聞かれますが、ここはアプリ内でGPS情報を使用不可にもできるのでOKで良いと思います。iPhoneのカメラに似た画面ですが、少し異なります。画面上部は左からフラッシュの設定でタップするたびに自動フラッシュ・フラッシュあり・フラッシュなしに切り替えることができます。中央はタップするごとにAccuSmart・料理モード・なしが切り替えられます。右はSNS切替ボタンで使用するSNSを登録しておくとTwitter・Facebook・メール・Instagram・その他アプリケーション(例えばCamera+やGoodReader、Dropbox、Evernote)への切替ができ、写真を撮った後に指定したアプリとそのまま連携できるようになっています。
 画面下は、左のサムネイルはタップするとiPhoneの写真の写真アルバムのような画面が表示されますが、独自の管理画面です。中央はシャッターボタン。右の歯車アイコンは設定画面になっています。
 フォーカスと露出操作はiPhoneのカメラと同じです。別々に指定することはできませんが、画面上をタップすると指定できます。その時に画面下にスライダーが表示されますが、移動させるとズーム(最大4倍)させることができます。なお位置情報がONになっているかどうかは画面右下にGPS/ONと表示されていれば位置情報が記録されます。表示されていなければ位置情報は記録されません。

 設定画面では、前面背面のカメラの指定、比率指定、写真を撮る時のグリッド表示、や撮影サイズ、GPSデータの保存、SNSへアップロードした写真を保存するか、オリジナル写真の保存を行うかのそれぞれの指定が可能です。この設定画面で使用するSNSも指定します。

 画面下の左にあるサムネイルをタップすると写真アルバムのような画面が表示されカメラロールの写真も表示できますが、標準と異なるところは、写真のサムネイルにAccuSmartを使って撮った写真にはアイコンでマークが付きます。これは分かりやすいです。またここから標準アプリなど別のカメラアプリで撮影した写真をAccuSmartを使用して綺麗に仕上げることもできます。
 ここで面白いのは画面右下にあるアイコンをタップして複数の写真(最大10枚)を選択して一気にAccuSmartで綺麗に仕上げ保存できるところです。とりあえず標準のiPhoneカメラで撮っておいてあとからまとめて綺麗にするというときには便利です。

 1枚だけ選択した場合には、また動作が異なります。AccuSmartで綺麗に仕上げ保存すること以外に、写真の回転、比率を変えてトリミング、Twitter・Facebook・メール・Instagram・他のアプリ(例えばCamera+やGoodReader、Dropbox、Evernote)に送ることができます。保存時にもサイズ(オリジナルサイズ・中サイズ・小サイズ)を選んで保存できます。

 ここからは実際に私が撮った料理写真の比較で、左側がノーマルで、右側がAccuSmartの料理モードを使った写真です。お腹が空いてる時は見ない方が良いです。(リサイズしてます)