Pro Filter : フィルターを作って公開&公開されているフィルタを使用できるiPhone写真アプリ

 今回紹介するアプリは、写真にエフェクトがかけられるアプリですが、そのフィルターは初めからありません。自分でフィルターを作る、もしくは公開されているフィルターをダウンロードして使う少し変わったアプリです。フィルターは無料でどんどん公開されているので自分の気に入ったものをダウンロードすればすぐに使えます。フィルターを作る方も単に用意されたエフェクトのオン/オフだけではないのでいろいろなパターンのフィルターを作成することができます。

サポートサイトは下記になります。
Pro Filter | GKproject
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Pro Filter – GKproject

 アプリを起動すると最初にチュートリアルが表示されます。それが終わった後に表示される画面には、フィルターを試すためのFilter Viewer、フィルターを作るためのFilter Maker、FilterをダウンロードするためのFilters、そして設定のSettingが表示されます。
 フィルターは全く作らないで使うだけという時には、まずFiltersでフィルターをダウンロードしてアプリの中に取り込み、Filter Viewerで、カメラもしくは写真アルバムから写真を取り込み、ダウンロードしたフィルターを使用するという流れになります。
 フィルターを作りたいという場合はFilter Makerでフィルターを作成し、それを公開することもできますし、自分で使うこともできます。公開するかどうかはフィルターの保存時に指定することができます。

 最初はFiltersをタップしフィルターを見ながらダウンロードします。操作は簡単でたくさんのフィルターがすでに公開されているので、上のNEW / POPULAR / DOWNLOADをタップして切り替えながらフィルターを見ていきます。最初はDOWNLOADのところには何も表示されていませんが、NEW(新しいフィルター) / POPULAR(人気のあるフィルター)からダウンロードすればDOWNLOADのところにフィルターが表示されます。NEW / POPULARはそれぞれ画面下に次のページに切り替えるボタンがあるのでページ切替しながら気に入ったフィルターはタップしてダウンロードします。

 フィルターをダウンロードしたら使ってみましょう。最初の画面に戻り、Filter Viewerをタップするとフィルターを使用できます。写真は自分で用意する必要があり、カメラからか、もしくは写真アルバムから写真を取り込むことになります。
 なおフィルターを適用した後の写真はカメラロールに保存できますし、Facebook、Twitter、Flickrにそのまま投稿することができます。
 画面には取り込んだ写真の下にダウンロード(もしくは自分で作成した)フィルターが表示されます。そこからタップするだけでフィルターが適用された写真の出来上がりです。フィルターのかけ合わせはできませんが、次々フィルターをタップするとそれが上の写真に適用され表示されます。そして気に入った写真が出来上がれば、画面右上のSENDをタップしてカメラロールに保存/メール/TwitterやFacebook、Flickrに投稿することができます。

 フィルターの作成は最初の画面に戻ってFilter Makerをタップすると写真を選ぶことから始まります。カメラか写真アルバムから写真を取り込んだらフィルター作成の画面に移行します。注意する点としては、こちらはあくまでフィルター作成が目的なので写真にいろいろなエフェクトを与えても写真自体は保存できません。ここではフィルターのみが保存/公開されます。
 エフェクトは写真の下に表示されているパラメータを操作して作成することができます。Gray、Sepia1、Sepia2、Mosaic、Gaussianなど計18種類のイメージ編集効果があります。表示されていないエフェクトは画面を右にスライドさせれば表示できます。各々調整のために値を変えることができます。各々の調整では適用ボタンが表示されていますが、適用ボタンを押さずに他のエフェクトをタップすると適用はキャンセルされるので何度も調整が可能です。

 それだけではありません。写真の部分をタップすると更に機能が表示されます。レイヤー機能がこのアプリにはあります。画面左右にはアンドゥ・リドゥと、画面上部にレイヤーがあります。レイヤーをタップすると、写真の重ね合わせができます。そのモードもPhotoshopブレンドモードとして計16種類あり、そのブレンドの比率も指定できます。
 またレイヤー機能を使用する際には画像を使用します。写真下の調整バーの右にある+ Add Imageボタンをタップすると画像を選択できます。ただ用意された画像が気に入らなければ、画像の上にあるEditボタンをタップしてAddボタンが表示されるのでそこをタップして写真アルバムから自分の撮った写真を追加することもできます。そしてフィルターの作成が終わったら画面右上のSAVEボタンをタップするとフィルターの名前や作者名、サンプルイメージを使うかどうかなどを指定して単に自分のアプリに保存するか保存して公開するかを指定することができます。

 最後に設定のSettingでは、再度チュートリアルを見ることも可能ですし、解像度の指定やフィルターの管理、その他ソーシャルネットワーク(Facebook, Twitter, Flickr)のログインの管理が可能です。
 解像度はFilter Viewerで保存する時の写真のサイズを指定できます。フィルターの管理では、順番を変更したりダウンロードしたフィルターを削除したりすることができます。

 フィルターも現時点で結構豊富なのでそのままフィルターをダウンロードして使ってみると面白いと思います。また自分だけのフィルターを作って共有する方法も他のアプリでもありましたが、こちらも簡単な操作なので良い出来だと思います。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…
  2.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  3.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  4.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  5.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  6.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  7.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  8.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  9.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  10. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る