LINEで送る
Pocket

 iOS 5.1になって写真アルバムの機能が改良され、アルバムの写真やフォトストリームの写真もiPhoneから削除できるようになりました。そして更にアルバムの作成も可能になりました。しかしアルバムの作成ができるようになったもののそのアルバムに写真を入れる時にはMac/PCと同期しないと入れることができませんでしたが今回紹介するアプリを使うと撮った写真を、すぐに、新しく作成したアルバムに入れることが可能になります。つまり目的に応じたアルバムを作ってその場で撮った写真をそのアルバムに入れていくことができるのです。通常iPhoneのカメラで写真を撮るとカメラロールに保存されますが、今回紹介するアプリではカメラロールに保存と同時に別のアルバムにも保存ができます。まさに革新的なアプリかもしれません。

サポートサイトは下記になります。
PhotoDealer(フォトディーラー)撮影と同時に写真を整理する革命的なアプリ
App Storeでは写真カテゴリにあります。
フォトディーラー – Kohso Online, Inc.

 紹介ムービーもあります。

 まずこのアプリには下準備が必要です。下準備が無いとただカメラロールに保存するだけの写真アプリになってしまいます。その下準備とは普段撮った写真を見る時に使うiPhoneの写真アプリです。これをまず最初に起動します。画面右上に編集ボタンがあります。ここをタップすると左上に追加ボタンが表示されます。この追加ボタンをタップすると新規アルバムを名前を付けて作成することができます。
 例えばここでは旅行の時に撮るためのアルバムとして旅行と名前を付けたアルバムを作成します。ここでは1つ作りましたが、他にも目的のあるアルバムがあれば作って構いませんし、後から作ることも可能です。

 そしてフォトディーラーを起動します。通常のカメラの画面に似ていますが、少し異なります。まず画面下にはカメラロールと先ほど追加した旅行が表示されています。そして画面上にはフラッシュの操作とカメラ/ムービーの切替ボタン、イン/アウトカメラの切替ボタンが表示されています。しかしシャッターボタンがありません。
 実は、下のカメラロール、旅行がシャッターボタンです。旅行をタップすると旅行のアルバムに撮った写真が保存されます。そして同時にカメラロールにも保存されます。つまり、アルバムを作るとそのアルバム名が、このアプリではシャッターボタンになり、そのアルバムに写真を保存することになります。但し一緒にカメラロールにも保存されます。
また画面上には表示されませんが、ファインダー上をタップするとフォーカス・露出が一緒に指定することができますし、ピンチイン・ピンチアウトでズーム操作も可能です。そして写真アプリからアルバムを追加して再度アプリを起動するとちゃんとそのアルバムがアプリの下に表示されます。またiPhoneの標準カメラにもある機能ですが、カメラを表示している画面から左にスワイプすると撮った写真を見ることができます。右にスワイプするとアルバム一覧が表示されるようになっています。

 アルバムに振り分けて保存できるこのアプリですが、写真の大元はすべてカメラロールに保存されています。注意としては、このカメラロールに保存されている写真が本体であるので、カメラロールにある写真を削除してしまうと新しく作ったアルバムの中の写真も消えてしまいます。
 逆に作ったアルバムの中にある写真は消しても、カメラロールには残ります。削除する際にはその旨のメッセージがそれぞれの場合の時に、表示されます。

 また作ったアルバム自体は、写真アプリからまとめて削除することは可能ですし、作ったアルバムの中の写真は、普通の写真と同じようにメール送信したり、壁紙にしたりツイートしたりプリントしたりすることができます。

 非常にすぐれたこのアプリですが、保存サイズはデバイスごとにフルサイズで保存は行われますが、位置情報は保存されません。旅行とかでアルバムを分けて撮った時などに位置情報が無いのはちょっと残念かなと思います。
 それとフラッシュの設定が毎回自動で設定されるので、フラッシュが不要な明るさの時でもフラッシュが点灯することがあります。これは一度セットしておいたらそのままにしておいて欲しいなと思いました。
 しかしながらこのアイデアはすごいと思います。目的別にその場でアルバムを作成し、そこに写真とムービーを保存していけば、その時の写真とムービーが簡単にまとめられます。フォルダで管理したい人には重宝するアプリでしょう。