Jawbone ERA : iPhoneの画面を見なくてもSiriが使えるBluetoothワイヤレスヘッドセットを早速レビュー

  • 2012/3/24
  • Jawbone ERA : iPhoneの画面を見なくてもSiriが使えるBluetoothワイヤレスヘッドセットを早速レビュー はコメントを受け付けていません。

 1月にヨドバシカメラの店員さんに、これしかないでしょうと大プッシュでおすすめされて購入した骨伝導のBluetoothワイヤレスヘッドセットJawbone ERA。
 Siriが日本語に対応ということで、この時を待っていました。やっと開封です(遅)。
 1月にSiriの日本語版が出ると期待し、ヨドバシカメラでヘッドセットおすすめを店員さんに聞いたら、真っ先にコレだったので購入した次第です。
 加速度センサーも内蔵しているヘッドセットです。
 ワイヤレスヘッドセットでSiri使えないのなんてあるのか?とおっしゃる方もいますが、実際に使うとノイズがひどくてSiriがきちんと日本語を認識してくれないものもありますし通話ボタン長押しで電源オフするタイプや電話をかけるインターフェースのものなどではSiriが使えません。

 付属品もなかなか豪華で耳にただはめて使うタイプのためのフィットイヤーパッドが3種類。耳にかけて使うためのイヤーループとイヤーパッドが2セット。いろんな耳のタイプに対応しています。そして短いUSBケーブル。これは本体が軽いので嬉しい短さです。あとはUSBカーチャージャー、キャリングケース、説明書、保証書が付属します。

 充電時間は30分で80%まで充電し、60分で100%になります。最大通話時間は5.5時間。待機時間は最大10日となっています。使用範囲は10m。重量は10.2グラム。BLUETOOTHは2.1+EDR,HSP1.1,HFP1.5,A2DP1.2。
 本当に本体はコンパクトでしかも軽い。イヤーループは付けなくても大丈夫な感じです。
 スイッチ類は、オン/オフボタンとトークボタンがあるだけです。そして骨伝導で加速度センサー内蔵。すごいなと思います。
 スイッチ以外の操作としては4回振ってペアリングモードになるのでそこでiPhoneと接続します。本体を耳にはめると横をタップ2回で電話の応答と終話ができます。トークボタンの長押しで着信拒否もできます。他に電話をかける機能もありますが、iPhoneのSiriが使えるのでここは省略します。

 ファームウェアのアップデートはPC/MacともブラウザからMyTALKウェブページを開いて更新します。ここでユーザー登録も行います。そして面白いのがボイスの変更が可能なところ。日本語もあります。そして今回期待していたiPhone 4SのSiriもDIALAPPSの中にあり、これをインストールすることで使えるようになります。

 実際にYouTubeにデモの動画がありました。

 Jawbone ERAは4種類のバリエーションがあります。

JAWBONE 骨伝導 ノイズキャンセリング マイク搭載 Bluetooth ヘッドセット Jawbone ERA シャドーボックス ALP-ERA-SB

 そして少し小さいJawbone ICONという製品がありますが、こちらはバッテリーの持ちが短くなっています。6種類のバリエーションが用意されています。

JAWBONE 骨伝導ノイズキャンセリング搭載 Bluetooth ヘッドセット Jawbone ICON ブラックスモーク ALP-ICON-BS

 私も動画のようにJawbone ERAを使ってSiriに話をしてみました。iPhoneのマイクを口に近づけなくてもきちんと認識してくれるし、iPhoneをスリープさせててもトークボタン長押しで画面が点灯し、Siriが起動してくれて便利!と思いました。ただ注意点としてはiPhoneのロック画面でパスワードを設定しておいて、Siriの起動を無効にしている場合はスリープからのSiri起動は使えません。
 そしてiPhoneとつながっているときにはiPhoneの上部、時間表示のところにJawbone ERAのバッテリー容量も表示されています。

 Jawboneといえば、もう一つワイヤレススピーカーがありますが、こちらもSiriに対応しています。

JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX レッドドット ALP-JAM-RD

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る