eWeather HD ホーム画面に天気予報・地震・気温を表示 : iPhoneでも細かい天気情報を表示してくれるアプリ。iPadにも対応しています。

  • 2012/4/11
  • eWeather HD ホーム画面に天気予報・地震・気温を表示 : iPhoneでも細かい天気情報を表示してくれるアプリ。iPadにも対応しています。 はコメントを受け付けていません。

 以前にiPadで表示してくれる天気情報アプリのeWeatherを紹介しましたが、今回紹介するのはそれに近いインターフェースでiPhoneでも表示してくれる天気情報アプリです。いろんな天気情報がアプリを切り替えずに見れるのは便利です。

サポートサイトは下記になります。
Elecont Weather (eWeather HD) 10 day and accurate weather forecast,earthquakes,radar,severe weather alerts for iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 3GS, iPod and iPad – Elecont Software
App Storeでは天気カテゴリにあります。
eWeather HD ホーム画面に天気予報・地震・気温を表示 – Elecont LLC

 なおこちらのアプリも以前紹介したeWeatherと同じ名前ですが開発元は異なるようです。そしてこちらのアプリはiPhone/iPadで最適化されたユニバーサルアプリになっています。またiPhone/iPad版だけでなくAndroid版,Windows Mobile版もあります。

 デモムービーも公開されています。

 ここではiPhoneの画面で説明します。
 最初にアプリを起動するとプッシュ通知の設定ができますが、このアプリは温度、風の寒さをアイコンのバッジ表示で表示してくれる便利な機能があるのでOKで許可した方が良いです。他にプッシュで警告というサービスがあるのですが、こちらは米国だけのサービスになっています。
 その後は、地域を選択します。日本も選択できるようになっていますが2つの天気情報サービスが表示されることもあるのでそこは両方を追加してみて、どちらが信用できるか自分で確認しながらどちらかのサービスに決めた方が良さそうです。表示される情報数は同じですが、若干天気情報に違いがあります。
 設定の項目にはiPhoneのホーム画面でのバッジ表示のサポートもありこのアプリでは気温を表示してくれるようになっています。

 天気情報はここでは1つの地域で2つのサービスを設定していますが、設定画面から異なる場所も登録することができます。その時画面の一番上(時計表示の下)をタップするか、左右のスワイプ、画面下のページ表示されているドットをタップするかの操作で切り替えることができます。
 なお画面は上部と下部で異なる動作になっており、上部分は上下にスワイプで情報の切替、下部分は左右にスワイプで日にち毎の情報の切替になります。

 天気の情報としては気温・天気・気圧・湿度・風・過去の気温変化(グラフをタップすると過去の気圧変化に切替)過去の気圧変化で頭痛に関連するのかどうかチェックすることもできます。そして、この画面の他にシンプルな天気情報を表示する画面、警告や地震情報を表示する画面の3画面が上下のスワイプ操作で切り替えることができます。

 画面下は天気予報になります。左右のスワイプで日にちを変えることができます。当日とは異なり、上の天気情報も切り替わり、天気予報・日中と夜の気温・日の出日没時刻・月の出入り時刻・降水確率・湿度・UV・地磁気が表示されます。

 気温の予報もグラフで表示してくれているので今日より暖かくなるのか寒くなるのかが分かりやすいです。

 そして画面の右上に時計のアイコンがありますが、タップすると予報の時計画面に切り替わります(横向きにはなりません)。現在の時刻からの天気と気温が最初に表示されますが、画面中央の右にある丸いアイコンをタップすると、気温だけでなく、風の寒さ、降水確率、UV、風向き、地磁気、降水量、湿度の表示に切り替えることが可能です。12時間先までの予報が時計と一緒に表示されます。
 更に気になる時間のところをタップするとそこから12時間先までの情報を表示してくれます。

 
 画面右下の i マークのアイコンをタップすると設定画面になります。設定画面では最初に天気を表示する都市の追加・削除が可能ですが、その左下にある歯車アイコンをタップすると設定画面に変わります。
 ここでは単位の変更、更新周期、地震情報の抽出条件、画質の品質(3G/Wi-Fi)、アイコンに表示する都市と温度、Proxyの設定などあります。なおバッジ表示では温度の表示ですがマイナス表示がサポートされていないので別途表示する手段を指定することも可能になっています。

 アプリの表示情報自体は非常に満足していますが、問題はサービスが米国のものというところが正確さと指摘になるところです。eWeatherのiPhone版が出てくれればうれしいところですが、今のところiPad版しかありません。iPhoneでグラフなどを見たいときにはこのアプリで見ることが多くなるかなと思っています。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  2.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  3.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  4.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  5.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  6.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  7. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  8. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  9.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  10.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る