LINEで送る
Pocket

 最新のiOS5ではURLスキームが使えるということで、ホーム画面上にWi-FiやBluetooth、位置情報などに簡単にアクセスできるショートカットが作れる情報が流れそれを目的としてアプリも登場しとても便利でしたが、新しいiOS5.1で使用できなくなりました。今回紹介するアプリはショートカットを作るのではなくアプリからBluetoothのオン/オフができるアプリになっています。ちょっとこの手のアプリは危険な香りがしますがWi-Fi版もあればいいなとか思ってしまいます。記事書いた後にApp Storeから無くなったらごめんなさい。

サポートサイトは下記になります。
TTPlayer – The Cinema in the Pocket
App Storeではユーティリティカテゴリにあります。
● ブルートゥース 上の、オフ [iTunes] (App Storeから無くなりました。)

 なおアプリはiPhone/iPad両方に最適化されたユニバーサルアプリになっています。


 Bluetooth機器を登録している場合、バッテリーが減るのを心配して使わない時にはBluetoothをオフにしている方も多いと思います。その時の操作としてはURLスキームが使えなくなった今は、iPhoneの設定 → 一般 → Bluetoothと移動してオン/オフを切り替えていると思います。
 今回のこのアプリでは起動すると、Bluetoothのオン/オフの画面が表示され、操作できます。そしておまけ程度にBluetoothでチャットできる機能もついています。(Bluetoothのオン/オフだけでアプリを出したかったができなかったので付けたような感じのチャット機能な気がします)

ここでオンにすると画面上部の時計の横のBluetoothのアイコンが表示され、オフにすると消えます。チャット機能はおまけ程度ですが一応iPadとiPhoneにアプリを入れて使ってみたら普通に使えました。

 なおこのアプリからはBluetoothのオン/オフだけで新規に機器を追加する場合は、iPhoneの設定から行う必要があります。そしてもう一つ便利な機能がこのアプリにはあります。
 iPhoneの設定を見るとこのアプリの設定があります。
 OnOffと書かれているところをタップします。シンプルな設定画面が表示されます。

 ハンヨウンフすぐに終了と書かれた文字で意味はわかりませんが、ここをオンにしてみます。

 するとこのアプリを起動したら、すぐに終了するようになりました。しかし、ただでは終了はしませんって感じで、Bluetoothがオフの時はオンに、オンのときはオフになりアプリは終了します。つまりワンタッチでBluetoothのオン/オフがホーム画面から一発でできるようになります。

 これはBluetoothのオン/オフを多用している人には便利なアプリです。
 Wi-Fi版も出て欲しいところですが、果たして出るかどうか。