LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリはデジタルカメラでニコンのものを使用している方に限られてしまいますが、(個人的にニコンユーザーで)便利なので紹介します。アプリから取扱説明書をダウンロードしてオフラインで見ることができるアプリです。紙の取扱説明書はありますが、やっぱり持ち出したりというのはちょっと荷物がかさばるので躊躇してしまいます。いつも持ち歩いているiPhone/iPad/iPod touchで見れれば便利です。
 もともとニコンのデジタルカメラの説明書はPDFでも公開されていて、PDFでダウンロードできるのであれば、iBooksに入れて見るという方法があります。このアプリを見つけるまではその方法でiBooksで見ていたのですが、このアプリを見つけてからは、こちらを使って見ています。

サポートサイトは下記になります。
カメラ・映像製品 ニコンイメージング
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Manual Viewer 2 – Nikon Corporation

 なおアプリはiPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリになっています。

 アプリを起動するとまず言語を取扱説明書の使用言語を日本語か英語で指定することになります。その後の画面は本棚、ダウンロード、設定というようになっていて、本棚はダウンロードした取扱説明書を見るための本棚で、ダウンロードはいろいろなデジタルカメラ製品の中からダウンロードしたいものを選択してダウンロードします。設定は、言語(日本語と英語)の指定や背景の選択などがあります。取扱説明書を1度ダウンロードしたら、あとは本棚から見るだけの操作になります。

 ダウンロードできる取扱説明書のカメラの種類ですが、デジタル一眼で新しいものだとD4やD800/D800Eから古いものだとD40,D5000,D3000があります。あとはJ1,V1の使用説明書でWebサイトだとこのページにあります。(コンデジの使用説明書はこのアプリからは選択できません。どうしても入れたい場合はiBooksや他のPDFリーダーアプリを使う必要があります。)
ダウンロード – サポート | ニコンイメージング


 使用説明書をダウンロードすると本棚に登録され、以降はアプリを起動して本棚をタップしてから説明書を見るという形になります。もちろん本棚なので、使用説明書は1つだけではなく複数ダウンロードして見ることができます。


 使用説明書自体、元データはPDFなので別にiBooksや他のPDFリーダーアプリで良いじゃないかと思われますが、若干このアプリの方が機能が優れているところがあります。iBooksでもこのアプリでも文字の検索は可能です。しおりの機能もあります。ただしおりはiBooksはしおりマークを付けてあとから呼び出すだけですが、こちらのアプリはしおりに名前を付けてマーキングできるので後から呼び出すときに分かりやすいです。

 目次の中から章をタップしてジャンプする機能もあります(iBooksにもあります)。また検索は検索文字で引っかかった内容をリスト表示してくれ、タップするとそのページに移動し、ハイライト表示してくれます。索引もボタンをタップするだけで見ることができます。

 あとはアイコンを見ただけでニコンってわかるので呼び出しやすいというのがあります。iPadでも見れるのが良いなと思いました。私の場合は明らかに紙の説明書には手を付けず、こちらのアプリで見ています。