TinyWorld : リアルタイムにのぞいたファインダーが丸い世界!面白い写真が撮れるiPhoneカメラアプリ

 以前にもこの手のカメラアプリを紹介したことがあると思いますが、こちらの方が今回機能アップしたということで紹介します。なんと、このカメラアプリはファインダーに表示される画像自体がすでに丸くなって表示できるので自分の思い描いたような面白い写真が簡単に撮れます。
 また単に撮るだけでなく写真アルバムからも過去に撮った普通の写真を取り込めるので面白そうなものを見つけてInstagramなどに公開してみてはいかがでしょう。

サポートサイトは下記になります。
TinyWorld iPhone app (tinyworld_app) – Twitter
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
TinyWorld – a fun and easy photography app to warp your world into tiny planets – 24/7 World.net

たとえばこんな写真が撮れます。中心部が地面です。出力される写真はマシカクなのでInstagramでも使えます。

 アプリを起動すると画面左側にファインダーが表示され、すでに丸くなった状態で表示されます。右側にはカメラのカメラのシャッターボタンのTakeボタン、と写真アルバムから選択できるChooseボタンがあります。
 面白い写真が撮れそうであれば、Takeボタンをタップして撮影してみましょう。また過去に撮った写真でも取り込んでみましょう。

 取り込んだ後は画面が切り替わります。写真の横と下にあるスライダーは、横は円を調整するスライダーで、下は繋がってないところをぼかしてつながっているように見せるための加工です。画面右側には保存、メール,Twitter,Instagramに投稿のボタンがあります。Cameraボタンはタップするとそのまま最初の画面に戻ります。保存したくないときはSaveボタンをタップせずにCameraボタンをタップすれば保存せずに次の写真を撮る事ができます。

 こちらは写真アルバムにあったモノクロの写真を取り込んだ写真です。あらかじめ写真に加工しておいて、このアプリで撮りこんでも面白いかもしれません。

 普段とは違う形で見れる写真はおもしろいです。地平線とかある写真だともっとおもしろい写真になると思います。iPhoneを上下左右に傾けて丸い世界を堪能してみてください。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る