LINEで送る
Pocket

 ポラロイド社公認のiPhoneカメラアプリはShakeItPhoto過去に何種類か出ていますが、また新しいアプリが登場しました。このポラロイドのフレームは認められないとアプリとして出せないため、過去いろんなアプリがポラフレームを外すことになりましたが、最近は認可を受けて登場してきています。このポラフレームの良いところはなんと言っても下の余白に何かを書き込めるというところです。iPhoneアプリではPolarizeが有名でしたがまだ不完全なままなのが残念です。

サポートサイトは下記になります。
Appadana Development – Polamatic | Made in Polaroid™
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
Polamatic™ – Dana Shakiba

 ポラロイドカメラ自体も最近は中古ですが売られている場所も増えたり、Impossible Projectがポラロイドカメラ用フィルムを販売していたりでポラロイドを楽しめる環境も復活してきています。フィルムがもうちょっと安くなってきたらまた使う人も増えてくるのかなと思いますが、ポラロイド社もデジタルに移行しながらもポラフレームの使用を許可してくれて嬉しい限りです。

 アプリを最初に起動するとカメラが起動します。画面中央がファインダーになります。表示は無いですが、ファインダー上をタップすると標準のカメラと同様にフォーカス・露出の移動も可能です。
 画面上部の左側はタップするごとに切り替わるフラッシュの設定で、フラッシュON/OFF/AUTOを切り替えることができます。画面上部の右側はカメラの切替でインカメラ・アウトカメラ両方に対応しています。
 画面下部の左側は写真アルバムからの取り込みで、取り込み時にはマシカクに手動でトリミングすることになります。画面下部の右側は写真を撮影または取り込んだ後の画面が表示できます。前に撮影した写真があればここで再度見ることができます。

 写真を撮影または取り込んだ後の画面ですが、ここでできることは文字の入力(日本語も対応していますがちょっと不満なフォントです)文字の色変えもできます。フレームの材質の変更、エフェクトの変更、写真共有サービス(Facebook, Twitter, Flickr, Tumblr, Instagram)に投稿、アドオンパックの購入が可能になっています。
 画面上部には左側にカメラの画面に戻るボタンと、右側にカメラロールに保存するボタンがあります。画面下部では、左からポラフレームの変更、エフェクトの変更、文字入力、写真共有サービスへの投稿、アドオンパックの購入画面になります。

 ポラフレームの変更やエフェクトの変更は画面の上部に表示され左右にスライドさせて見ることができ、タップすることで選択したことになります。と同時に中央の写真にもすぐ反映されます。文字入力は日本語も可能ですし色の選択も可能になっています。日本語は正直かっこいい感じは受けません。日本語なら手書き風カメラなど使った方が良いかもしれません。

 写真共有サービスを使用する場合は、画面上部に表示されたアイコンをタップして目的の写真共有サービスに投稿できます。Facebook, Twitter, Flickr, Tumblr, Instagramと使っているサービスのアイコンが表示されるので分かりやすいと思います。ログインなどはタップした後に入力します。
 ただInstagramに関して言えば、このアプリからInstagramに投稿するとマシカクになりますが、このアプリでは縦長になるため左右の余白ができてしまいます。Instagramでは余白部分が黒になってしまうので、背景も白がいいというときには正方形さん [iTunes]などのアプリで背景を変えるのが良いと思います。

 追加のアドオンパックは文字のところをタップするとその下にフレームやエフェクトが表示されるので、そこを左右にスライドさせてどんなものがあるのか確認することができます。最初から結構な量のフレームとエフェクトもあるのでこれで満足な方はそのまま、どうしても欲しいポラフレームやエフェクトがあったらここから購入することができます。

 このアプリ自体ポラフレームが多くてエフェクトもあり、文字も書けるということでオススメしたいアプリと言いたいところですが、1点、保存画像が小さすぎます。Instagramでは大丈夫ですが、572×692というサイズなのであまりプリントして使う用途には向いてないです。これはサイズを大きくしてもらいたいところです。ただポラフレームの質感などは見てて楽しいものがあります。