LINEで送る
Pocket

 今回紹介するカメラアプリは、その写真を見て宙玉レンズを知っている人であれば、驚くかもしれません。ビー玉をレンズの中に埋め込んで撮ったような写真ができあがるアプリで、まさに宙玉レンズをソフトウェアで実現させたようなアプリです。広告は表示されますが無料です。

サポートサイトは下記になります。
iOS Applications by Daisuke Suzuki
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
ビー玉と共に MarbleCam – Daisuke Suzuki

 撮った写真をこのアプリを使うとこのようになります。真ん中にビー玉が浮いて上下さかさまに写っています。

 アプリを起動するとこのように画面上部に画像を回転させるアイコンとiマークの設定画面表示ボタンがあります。
 写真の下には、保存アイコン、カメラを起動して取り込むアイコン、写真アルバムから取り込むアイコン、メール送信やInstagram、Facebook、Twitterに投稿できる共有アイコンがあります。非常に分かりやすい構成になっています。

 画像の回転もあると便利な機能ですが、写真をマシカクにトリミングする際の設定も画面右上のiマークのアイコンをタップすることで変更できます。カメラは通常のサイズで撮ったものを使用するのでマシカクにする際の設定ができます。MarbleCam自体は出力される画像のサイズは720×720pxになります。

 またiPhoneの設定からMarbleCamをタップすると、MarbleCamで撮影した元写真を保存するかどうかの指定も可能です。

 このアプリを見ると宙玉レンズを思い出すのですが(それくらいクオリティ高い)、早くコンバージョンレンズの宙玉レンズ for iPhoneも世の中に出てほしいところです。コンバージョンレンズだと高解像度での撮影や動画も撮れますし、他のアプリと連携して使うことができるので、まずはこのアプリで楽しんでその次にレンズで遊んでみたいところです。