LINEで送る
Pocket

 以前、丸いレンズで見るように撮れるiPhoneカメラアプリのMarbleCamを紹介いたしましたが、今回も同じ球体レンズを通して見れる写真アプリです。今回のアプリはMarbleCamとちょっと異なり、iPhoneのカメラで撮影するときにも便利な機能があり、また高解像度にも対応しています。宙玉レンズが好きな人はこちらのアプリもうれしいかもしれません。私は個人的に高解像度で保存できるという点がプリントやフォトブックにすることを考えると嬉しいところです。こちらもMarbleCam同様、クオリティが高いです。MarbleCamはどちらかというとマシカク写真なのでInstagramに使えますが、こちらのアプリは別用途で使えそうです。

サポートサイトは下記になります。
スフィアレンズ
App Storeでは写真/ビデオカテゴリにあります。
スフィアレンズ – Salamander Factory Co.,Ltd.

 アプリを起動すると画面下に、カメラと写真アルバムからの取込アイコンが表示されます。カメラの方は単にカメラを起動するだけでなく、カメラの画面の中に球体レンズを想定して、円のガイドが表示されるようになっています。これは正直撮る時に非常に役に立ちます。
 写真アルバムからの取込は、写真を選ぶとすぐ画面が切り替わります。サイズ比はマシカクではなく、実際に選んだ写真の大きさで読み込んでくれます。

 左がこのアプリからカメラを起動をしたときの画面ですが、通常のカメラ同様、タップしてフォーカスを指定することもできます。右は写真を取り込んだ後の画面で、すでに球体が表示されています。

 写真アルバムから取り込んだ時には、元の写真の位置調整ができないので、なかなかうまくできない事もあるかもしれません。このアプリのカメラで撮影して見るのが良いかもしれないですね。

 またMarbleCamでも球体レンズの大きさを変える事ができるようになりましたが、このアプリでもレンズの大きさを変更することができます。画面下の+(プラス)をタップしていくとレンズが大きくなり、?(マイナス)をタップしていくと小さくなっていきます。見ていても面白いです。

 写真の下に表示されている下矢印のアイコンをタップすると保存できます。また保存時にはそのままハッシュタグ付きでTwitterに投稿もできます。

 またこの画面から最初に戻る場合は、画面下にある一番左の矢印アイコンをタップするか、画面右にあるカメラと写真アルバム取込のアイコンをタップして続けて操作ができるようになっています。

 このアプリではデフォルトでは写真のサイズが1024×768になっていますが、iPhoneの設定→SphereLensをタップして表示される「高解像度を作成」をオンにするとオリジナルサイズでの保存ができるようになります。但し、高解像度の処理はメモリを多量に消費するため、バックグラウンドで動作している
アプリは終了させる事を推奨しています。処理時間も当然ながら通常より多くかかります。

 MarbleCamだとマシカク限定になっていましたが、こちらのアプリではオリジナルサイズで作れるのでカメラの円のガイド表示を使って写真を撮って使ってみようと思います。あとは高解像度で保存できるので出来上がった写真をPCで見ると迫力があります。あとここまでできると、レンズの位置が移動できたりするともっと楽しくなりそうです。

 あとは実物の宙玉レンズ for iPhone早く出てほしいところです。