私が読んだ本 : 自由な使い方で本を管理。本のコメントを書いたり目標管理もできるので読書好きな方には便利なiPhoneアプリ

 私自身はiPhoneやiPadを持ってからというもの本を読む数がめっきり減ったのですが、やはり読んでおきたい本はチェックしたり買っておいて少しずつですが、また以前のように読む時間を増やしていったりしています。ただ期間があくと、間違って以前買った本をまた買ったりということもあったりします。またいつまでに何冊読むというような目標も立てるかもしれません。そういう本の管理に適したアプリを今回紹介します。

サポートサイトは下記になります。
私が読んだ本 | GKproject
App Storeでは仕事効率化カテゴリにあります。
私が読んだ本 – GKproject

 このアプリを知るまで私はItemSherfというアプリで管理していましたが、このアプリは本だけではなくいろんなモノを登録できてしまうので本の管理が億劫になっていました。このアプリは本だけに適したアプリなのでこちらで購入した本、購入予定の本、読んだ本などを管理するようにしました。

 アプリは本棚のようなコレクション画面で表示されますが、ここの画面に追加しなくても良いような作りになっています。画面下にコレクション、ライブラリー、目標管理、設定とあり、そのアイコンをタップすることで画面を切り替えることができます。
 最初に本を登録する場合は、ライブラリー画面から行います。
アプリを最初に起動すると説明画面が表示されるようになっています。コレクションは本棚であり、その本棚は複数作成することができます。まさにコレクションしている感じがするようにできています。ライブラリーでは本の登録からさらにカテゴリに分けて登録することができます。読んだ本、読んでない本の進捗管理もできますし、本の感想などのコメントを入力することもできます。

 最初に本を登録するのは画面下のライブラリーをタップし表示されるライブラリー画面からになります。画面を下に引っ張る操作をすることで新しく本を追加できるようになっています。
+のアイコンを表示したところをタップすると、アマゾン(Amazon.co.jp)からの検索、自分で入力の2種類から選ぶことができます。アマゾンから検索した場合は見つかった時には付属情報も入った状態で表示できますが自分で入力する場合は全部手入力になります。
 アマゾンから検索した場合は、結果から表示される本をタップすることでライブラリー画面に反映されます。この時、ライブラリー画面には反映されますが、本棚のコレクション画面には反映されません。これはライブラリー画面から指定することで表示できるようになります。

 コレクション画面、いわゆる本棚に本を表示するには、ライブラリー画面で表示されている本の右にあるアイコンをタップして本棚を選択することで、その本の表紙を載せることができます。
 本棚に直接入れば楽ですが、中にはライブラリーで管理して本棚には本当に必要なものだけを載せたいということもあるかもしれません。使い方は自由です。

 ライブラリー画面では本の読み具合いわゆる進捗を管理することもできます。何%まで読んだのか、おおよそ登録しておくこともできます。また読み終わったら進捗バーを100%にすることで進捗表示が無くなり、自分でその本に星マークを付けることができます。また一緒に本を読み終わった日付が登録できるのも便利です。また読み終わって本の感想をメモしたい時は本の画面の右上にある編集ボタンをタップすることでメモを書き込むことができます。
 コレクション画面(本棚)に置いても同じ操作が可能です。

 目標管理は、いつまでに何冊の本を読むかということを登録することで、そのペースなどを表示してくれる便利な画面です。達成までの日数も表示してくれ、達成率も自動で表示してくれます。目標を決めて実行している人には便利な機能です。
 また画面左上に目標履歴のボタンがありますが、これは前使用した目標設定を呼び出したりすることができるようになっています。また編集ボタンから目標を再設定することも可能です。

 設定画面では読んでいる本や読み終わった本を表紙付きでTwitterやFacebookに投稿できる機能もあります。また目標の設定に合わせて読むべき本の数を表示してくれるバッジ表示や、目標の本冊数の現在の状況を報告してくれるプッシュ機能(目標を指定していない場合は、人生を豊かにする読書名言が通知)などのオン/オフ指定が可能になっています。

 本は読んだら終わり。ではなく、あとからまた読み返したくなる本もあると思います。そういう意味でもこのアプリで本を管理すると便利になると思います。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る