LINEで送る
Pocket

 本に裏表紙などについているバーコードを読み取り、本の情報をEvernoteに簡単に記録できるアプリのご紹介です。本屋さんで、気になる本を見つけてメモを取るよりもバーコードから本の情報を取ってきた方が楽ですし、読んだ本の管理にEvernoteを使う時などにも便利です。そういうことをこのアプリで行ってくれます。非常にシンプルなアプリながらも便利ですが、無料です。開発者様に感謝!

サポートサイトは下記になります。
Home – bookever ページ!
App Storeではユーティリティカテゴリにあります。
BookEver [iTunes]

 まずアプリを立ち上げると、画面上部のバーコードがスキャンしているように動いている所が目立ちますが、ここをタップするかまたは、iPhoneをシェイクすることでカメラを起動することができます。つまり片手でしか操作できない時にも簡単に操作できるように工夫されています。なおシェイクはどの画面からでも可能になっています。そして目的の本のバーコードを読み取ろうとするとピントが合った時にカメラ上に緑の枠が表示されて分かりやすいです。
 バーコードを読み取ることに成功すると画面がカメラの画面から元の画面に切り替わり、その本の情報を表示してくれます。ちなみにこの本の情報は楽天Book APIとGoogle Book APIを利用されているそうです。
 そして画面右上にある送信ボタンでEvernoteに送信することができます。

 ここでは送信の前の設定画面の説明をします。最初に表示される画面の左上にある設定ボタンをタップします。設定画面ではEvernoteアカウント設定(タップすると認証ができます)、そしてほんの情報を記録するノートブックを指定できます。
 更に便利なのがその他の設定のところです。神奈川県厚木市と書かれているのは図書館の情報で、カーリルAPIを利用し、図書館に在庫があるかどうかをスキャンと同時にチェックしてくれる機能です。利用する図書館をあらかじめ設定しておくことで、蔵書の有無、予約ページへのリンクを表示します。これらは、Evernoteへも連携します。図書館の使用に関しては、オンに指定し、この部分をタップすると都道府県からさらに詳細を選択していき目的の図書館を探し出すことができます。

 そしてバーコードをスキャンした後に送信ボタンを押さずにそのまま自動送信してくれる指定もちゃんとあります。

 図書館の情報を新たに読み込むように設定し、さきほどスキャンした本を画面の右上の再ダウンロードをタップすることで、新しく図書館の情報が追加されたことが分かります。
 図書館に在庫が無いので予約ページにはたどりつけませんでしたが、ここから予約ページのURLも取得できるということなので更に便利に使えるのではないでしょうか。
 私は、現在持っている本をEvernoteに入れて読んだ感想とか勧めるポイントとか書いて一緒に記録できたらいいなと思っています。Evernote関連アプリというとどうしてもテキスト入力関連が多くなってしまいますが、このような何も入力する必要がないアプリというのは非常に活用できると思います。